たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

バラシが続いてどうにもならない

  • 20160724M-1.jpg
  • 20160724M-2.jpg

どうでもいいことですが、砂カニ採取ポイントが業者に荒らされてる模様。。。悲しい。。。

毎年見かける業者(いわゆる堀師)の方は、少し離れたところで節度ある取り方をしてるんだけど、今年から入ってきた別の業者は酷いね。どこもかしこも見境なく穴ボコだらけ。何やら1匹5円で釣具屋に売るらしいけど・・・20匹で100円、200匹で1000円・・・。(いくら業者でも結構時間かかるうえに、かなりの労力なんで割に合うのか不明)

盆の時期に、一時的に砂カニが姿を消すこともあり、この先が思いやられるが、まぁ、なるようにしかならないから、指加えてみてるしかないです・・・(´・ω・`)。

ということで、前日に続き不毛の地。風は微風程度で濁りは入っておらず、期待できそうにないが12時30分前後から開始。

案の定というべきか、反応があるのはちっちゃいカサゴくらい。どうにもならない中ネチネチ探って待望のチンタの反応があるも、余裕のバラシ。一匹は20cmちょい、もう一匹は30cm前後。両方とも魚体見てるんで、あまりのヘタクソさに絶望。

15時前くらいから南風が強めに吹き出し、待望の濁りが入り、33cmと35.5cmのクロダイサイズをゲット(次に釣れるのはいつになることやらということで、折角なのでメジャーシートで計測。アスファルトも熱くなってるし)。

リリース後も40cm超と思しき重量感のを掛けたが、鬼合わせをぶち込んだにもかかわらず首振られて針外れ・・・。ぐぬぬ。で、エサ切れで終了。

総括。
やっぱり不毛の地の釣りは難易度が高い・・・。

場所 不毛の地
日付 2016年07月24日(日)
時間 12:30~16:30
天気
風向
波高 少し後ザブザブ
潮汐 中潮
釣果 クロダイ×2(33cm、35.5cm)
ちっちゃいカサゴ×3
ちっちゃいクロソイ×1
タックル 14 鱗夕彩 落し込み SP HF36-42
シーマチック68 パワーバージョン
マークウィン 2号
グランドマックスFX 2.5号
費用 ガソリン代 500円
ロスト 前打ち仕掛け×1式
チヌバリ×1
4Bガン玉×8
撮影