たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2019年06月01日(土)

行く当てもないので不毛の地へ

20190601M-1.jpg
おそらきれい・・・

お空きれい・・・(成れ果て)

クロダイなんて当然としても、チンタの気配すらない。レギュレーションで縛ってる以上、他に行く当てもないのだけれど・・・正直、釣りに行く意味あるのか。

日ごろの運動不足解消と日光浴程度の価値しかないのだが・・・。

ということで、エサを多めに採取し11時から2.5時間超ほど。波気がなく濁りも薄いせいか、マイクロカサゴの反応もイマイチ。

いつも叩く場所を一通り探り歩き、それっぽい反応は全くなく、これ以上やっても無駄と確信したため打ち切りエンド。

不毛の地の常連さん含め、前打ちやってる人がまったく居ないのもアレですが・・・心が折れてしまったのでまた次の機会に。

2019年06月08日(土)

西風強風の不毛の地に回遊があった模様

20190608M-1.jpg
不毛の地の初物ゲット&初バラシとなりました

何やってるかさっぱりわからんほどの風と波ですが、念願の初ゲットと初バラシとなりました。

西風7mの予報で行くだけ無駄だとはわかっていながらも、明日は午後から雨予報、来週、再来週は週末が客先での仕事なため強行。

まずはエサ採取も、さすがにこんな風じゃ他にほじる人もおらず、数も少量だけ確保。(いつもは業者がボコボコに穴をあけた後なので・・・)

現地は強い波風でいい感じの濁りが入っているが、まともに竿を操作できないし、エサを底まで落とすことも困難。落とせたとしても全くアタリがわからん・・・。これ無理だろ・・・。

叩きたい場所にエサを落とせないため、投げやりに続けていると、根魚類とは異なる重量感の魚が掛かりクロダイを確信。無事タモ入れできて33cmのクロダイサイズ。不毛の地でのクロダイ釣りはサイズ云々の次元ではありません。釣れただけで十分です・・・。

帰るか続けるか悩んだが、エサがまだ余ってるので継続。ラスト1のカニがカニに掴まれたっぽいので、外れろと持ち上げてると・・・なんか首振りだしてるし・・・。

水面まで寄せてタモ入れを試みるも、波で魚が流されてうまくいかず、何度かリトライしてるうちに針外れ。40cm前後だったがアワセてもないので、バラシはどうしようもないわなと。

波風が無ければ再度エサ取りからの第2Rもありうる状況も、何やってるかわからん中で釣りをするのも正直ストレスなので止め。もったいない気もするが・・・。

2019年06月18日(火)

なぜこんなに不毛なのか、不毛の地は

20190618M-1.jpg
回遊も無ければ居残り組も存在しない模様

先の土日勤務の代休というわけではないが、次の土曜も仕事なため、有給ぶち込んで不毛の地へ。正直休んでる場合じゃないのだが・・・。

午後から南風5m程度の予報のため、波風濁りがいい感じになるかなぁと期待して行ったが、基本スケスケで多少波立つ程度。

潮位が低い場合に実績がある(と思われる)場所から開始するも、カニと極小カサゴの襲撃だけで話にならず。

早々に諦めていつもの場所から再開も、状況は何ら変わらず。ほんと、夢も希望もないね、不毛の地こと14号地は。

探り歩いてようやくチンタが来たので、回遊でも入ったかと期待も、当然そんなことある訳なく、最後までカニと極小カサゴの襲撃のみ。

苦行に耐えて惰性で叩き続けたが、ひととおり探り終わりどうにもならないと確信し、完全に萎えたため終了。

次回釣行は・・・未定です。土曜の状況によっては日曜も仕事だからね・・・仕方ないね・・・。