たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2019年01月14日(月)

新年初釣行は例のドブで淡水小物釣り

20190114N-1.jpg
1月に近場で淡水小物釣りをするのは普通に厳しいです

北関東や琵琶湖周辺などの水郷地域ならまだしも、近場のドブでこの時期に淡水小物釣りをするのは、やはり無理があるような・・・。

年末年始はクソ寒く釣りにいく気力も湧かず。今月は休出が何度もありげんなりだが、14日は休み。比較的気温が高く風も幾分かはマシだったため、西尾市西部の例のドブへ。

やはり1月。水は透けまくりで用水路は生命感一切なし。ただ、クチボソポイントは時折魚影がうっすら見えるため、ダメ元でやってみるかと開始。

水深は80cm前後あるようで、ベタ底を探るべくウキ調整し、タナゴグルテンとグルテンα21を適当に混ぜた練り餌を放り込むが、当然反応なし。

撒き餌をしながら粘っているとウキに微妙な反応があり、クチボソゲットでボウズ回避。

その後も反応は薄いが、まれに反応はある模様。簡単にはいかんなぁと落胆しつつ続けていると、パトカーの巡回が・・・。

こんな時期にオッサンがドブで小物釣りしてるとか、どう見ても不審者なわけで、職質食らうのを覚悟したが、何とかスルー・・・。やましいことはしてないので別にいいのですが・・・。

結局3匹のクチボソを引っかけるのが限界。普通に寒くてやってられないので諦めて撤収しました。