たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2018年12月02日(日)

12月に入っても淡水小物釣り

20181202N-1.jpg
水路はタモロコの魚影が少なくなってきました

用水路のタモロコがベタ底や物陰に隠れてるような感じに。この釣りいつまでできるかな。

ということで、今週もやる気がないので小物釣り。

用水路を見る限り、釣行の都度タモロコの魚影が減ってる感じなため、初めからトンネルポイントへ。

トンネル内には結構な数の小魚(タモロコとオイカワ)のほかに、手のひらサイズのフナとコイ、かなりデカいコイを確認。

他に、ハゼがスマートになったような魚影(カマツカ??)や全体が妙に黄色い魚影(カワムツ??)なども見えたが、正体は不明。

今回はグルテンα21にタナゴグルテン少量を混ぜてみたが、集魚効果のおかげか前回ほど苦労することなく釣ることができ、ほとんどがタモロコで極まれにオイカワといったところ。

手のひらサイズのフナやコイもエサによって来るが、こんなのかかったらハリス切れするだけなのでおびえながら継続。

ハリス止めがガバガバになり、極タナゴの針(100円/本)をロストしたため、マスへ場所移動。

マス内の魚影は薄く、角に少し居る程度。問題なく釣れるが、仕掛けを角に落とすと、内側がえぐれているのか、大き目の個体が顔をだしエサを食いに来たりも。ボチボチと釣って十分満足したところでまたまた極タナゴの針(100円/本)をロストしたのでげんなりして終了。