たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2018年03月24日(土)

ようやく穏やかな晴天になったので猜疑の地へ

20180324M-1.jpg
部分的に咲いてる場所もありますが
20180324M-2.jpg
基本的には咲はじめでつぼみばっか
20180324M-3.jpg
もう一枚。RX100がほしいけど利用頻度から行くと無駄だよなぁ
20180324M-4.jpg
一応釣り関係も。猜疑の地(自主規制)は釣り人居ません

何の反応が無いのは当然としても、同業者まで全く居ないとは。

前年だと、ポツポツとガチ勢っぽい人を見かけたんだけども、やっぱ、釣れてないんですかね。釣具屋の煽りもないですし。

ということで、連休がこの土日で終わるという絶望に打ちひしがれながらも、ようやくまともな天候となったため、チビレでも釣れないかなということで猜疑の地へ。

時折カニが砂カニを襲撃するくらいで、魚系の反応は一切なし。温排水のほうは忌地認定で行ってないのでわからないけど、外れた場所ではボラすら跳ねておらず。

往復分探り終わって疲れた上に飽きたので終了。近くの道路沿いに桜並木があったような・・・ということで寄り道するも、まだ咲きはじめといったところ。今回は14号地のグラウンドじゃないけど、毎年のノルマを撮影完了。

反対側の排水路(?)にデカいコイが何匹も泳いでたけど、こっちにクチボソとか小鮒とか要れば良いのに・・・。

とりあえず猜疑の地に行っても無駄な気がするんで、明日は無さげ。どうするかなぁ・・・。

2018年03月31日(土)

3月末の衣浦(不浄の地)で想定外の年無しクロダイが

20180331M-1.jpg
この時期に不浄の地でクロダイが釣れるとは想定外でした
20180331M-2.jpg
良い場所に針が刺さっててバレずにすみました

完全なる想定外の事態が。温排水が絡むような場所ならともかく、3月末の不浄の地だぜ・・・。

夕方から前回と同じ猜疑の地へ行くつもりだったが、急遽行き先を変更し、不浄の地へ。

いくら乗っ込みの時期とはいっても、衣浦の温排水周辺以外でクロダイが釣れるようなネタを見たことも聞いたこともないため、タモを車中に置いたまま開始。これが判断ミスになろうとは・・・。

開始から1時間弱が経過したころに何かが掛かり、聞いてみるもただ単に重いだけ。なんだゴミかよと嘆きながら水面に寄せようとすると僅かに抵抗。エイとかそんなのだろうなと思いきや、水面まで上げたら黒い上にデカいし、これ年無しクラスのクロダイじゃん・・・。

水温が低いのと型が大きいのもあって、ただただ重いだけでそれほど無茶な暴れ方はしなかったのは幸いだが、肝心のタモが無いのでどうにもならず。

ブッコ抜くわけにもいかないので、水揚げできそうなところまで魚を誘導し、タモを借りて何とか確保。

サイズ的には自己記録となる52cmで、不浄の地では3匹目の年無し。(この写真の撮りかただと、ズルすれば53,4cm位に見せることできそう)。

サイズの割に傷は少く比較的きれいな魚体で、目が出っ張ってるようなきがしなくもないが・・・ケツは赤くなってなかったけど、腹パンパンだったんで乗っ込み個体でしょうかね。

蘇生にちょっと時間がかかったがリリースし、日没後の潮止まりまでやってみたが、二匹目の反応なんてある訳もなく終了。結局、たまたま釣れただけなのか、時期的に狙う価値があるのかは分からず。


総括。
何気に2018年の一匹目がクロダイとなりました。
今回はたまたまでしょうが、次どこ行くか悩みます。