たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2013年12月01日(日)

徹夜の根魚釣り…当然だけどぬるくない件

20131201R-1.jpg
かなり久しぶりなクロソイ様をゴリ巻きでゲット

7ヶ月ぶりに根魚ルアーの徹夜釣行。夏前から前打ちばっかやってたので、かなり久しぶりです。風は比較的弱めで気温もまだ耐えられるレベルではあるものの、足下(要は靴周り)から冷えてきてなかなかの苦行加減。なお、今回D3-1103Pを投入。さすがにスキーウェアのパンツほどの保温性は無いものの、よほどの厳寒期でもないかぎり問題なさそうです。


早速開始すると、良好とまでは言えないものの、それなりなサイズのカサゴがポツポツと反応があり、また、久しぶりに30cm↑のクロソイを引っかけるなどまずまずのスタートを切るも、場所を変えて探ってところ、ワンキャストワンロストなカオス状態に突入…。

ごくまれに魚の反応があるのだけれど、針がかりするようなサイズじゃないのか、食いが浅く寄せてる最中にバレるとか、そんなのばかりで完全に自滅。更に追い打ちを掛けるかの如く、糸ふけを無視してリールを巻いてたこともあり、復旧不可能なエアノットが出来てしまいラインを数十メートルを破棄することに…。結局3時間弱で1匹しか追加できないとか、完全ドツボや…。


朝マズメに期待して状況を変えるべく、コストを考慮せずに、3.2インチパルスワームや4インチマイクロクローラーなどを投入してちょっと大きめのカサゴを数匹追加するも、完全に明るくなってからは反応が更に薄くなったため、打ち止め終了となりました。


総括
魚介類嫌いで基本的にキープしても自分は食べませんが、捌いて切り分けた身を唐揚げ粉という名の化学調味料を大量にまぶして揚げた唐揚げは生臭くもなく普通に食べられました。煮付けとか絶対に無理ですが、これなら食えそうです…。

それにしても、単にヘタクソなだけなんだろうけども、あまりの根掛かりロストに閉口。前打ちと比べるのもどうかと思うけど、やっぱり根魚ルアーってカネのかかる釣りだったんだね…。

残念な事に、来年は釣りに関するコスト削減が求められる状況になりそうなので、釣具屋含めた業界の罠に注意しつつ、使用するワームや仕掛け、手を出す釣種など、いろいろと見直していきたいと思います。


2013年12月07日(土)

強風で厳しいけども近場でタケノコ様が

20131207R-1.jpg
近場の25cm↑タケノコ様は超久しぶり…次は無いな…
20131207R-2.jpg
時系列が逆ですが、夕マズメに反応無かったためガルプへ逃亡

北西の風が微妙に強く、正直釣りに逝くのは微妙だったけれども30分圏内の近場に釣行。

で、道中ネズミ取りが・・・(´・ω・`)。
あんな車どおりの少ない道で張ってるのは卑怯だよ・・・(´・ω・`)。
対向車がなぜかパッシングしてきたことから注意しといて正解でした。まぁ、日頃から安全運転(車が重すぎなのにエンジンがショボくて速度が出ない)に心がけておりますので、関係のない話ですが・・・。

現着後の16時頃から1.5~2gのジグヘッドで開始。周りを見渡すも、週末なのに周辺は釣り人皆無。しかも、干潮からの上げで潮も低く、明るい内は全く反応無し。アカン・・・。


さすがに焦ってきて、ワームをサンドワームに変え、日没後の17時前にやっと17cm程度のタケノコ2匹を引っかけることに成功するも、軽すぎて叩きたい場所まで飛ばせないことから、1.5号のナスオモリを使ったダウンショットに変更。

当然根掛かりが多発するわけで、ハリが伸びたり、リーダーが切れたりで都度虚しくなるわけですが、先と同サイズや22,3cm程度のタケノコを追加。


同じ場所を叩き続けたためか反応が乏しくなったため、場所を移動するも、風が強すぎでクソ寒いうえに浅すぎて釣れる気がしないため、結局もとの場所に戻り。在庫処分中の3インチパルスワームで再開すると、どういう訳か何気によさげなのが掛かり、なんとか水揚げに成功。計測したところ27cmのタケノコ様。

リリース後もまだ逝けるかと探ってみるも、根掛かりロストで終了、撤収しました。


総括。
近場でのこのサイズはかなり久しぶりなわけで、満足ではありますが、手持ちのチヌロッドとの住み分けが微妙になってるような気がしなくもない。0.6号PEが前回の釣行で残量が僅かになってしまったため、別スプールの0.8号PE(WX8)を使ったけど、いろいろと問題ありそう。

リールをもう一台買う余裕は無いので、このまま0.8号でやるしかないんだろうけどさ・・・(´・ω・`)。

2013年12月23日(月)

近場へ2週間ぶりに釣行も…生命感全く無い件

20131223R-1.jpg
不良在庫品処理中だが…こいつら釣れる気がしない…

相変わらずゲロゲロ、オエオエ状態で咳き込みまくりで、フロモックス(のジェネリック品)からクラリス(のジェネリック品)に抗生剤が変わりましたが、全く効果ありません。

ということで、風が強いけども先の土日よりもマシだし、引きこもっててもアレなので2週間前と同じ場所に釣行。

干潮からの上げで潮が低いものの、前回と条件はほぼ同じ、夕マズメなので何か釣れるだろうと思うも、結果はアタリすら無く完全試合をくらって終了。

キャストして沈みテトラのキワをダウンショットでネチネチやったり、ナツメオモリのテキサスで並行引きしてみたり、ガルプを投入したりといろいろ試して見るも全くだめとか、もうどうにもならん。


まぁ、ヘタクソだから仕方ないね…。

2013年12月31日(火)

2013年納竿釣行のカサゴ釣りも当然温くない件

20131231R-1.jpg
多分最大サイズは22,3cm程度・・・大きめのはどこ行った?
20131231R-2.jpg
食べる分だけキープ出来れば十分かと(私は食べませんし…)

数も出なければ型も出なかったけれども、3週間ぶりに魚が釣れたことですし、年末ラストということも踏まえ、多くは望みません。


ということで、総括。

魚の活性は時と共に悪くなり、当たっても食いが浅く針がかりが微妙。

すでに抜かれた後なのか、別の要因があるのか分からないが、釣れてくるのは20cm以下が多く、魚のアタリはあっても掛からないというケースがいっぱい。

結局キープしたのは8匹(内2匹はリリースサイズ)で、リリースは正確にカウントしてないものの、多分12匹くらい。

ワームについては不良在庫品(カバークロー 2in、ロックバイブシャッド 3in)とグラスミノーMを利用。反応が薄いためガルプも使ってみたけど、正直大差ない感じ。

前回釣行時にデュエルのハードコア X4 0.6号がライントラブルで逝ってしまったことから、いつ買ったのか分からない不良在庫と化していたデュエルのハードコア X8 0.8号を使用(200m巻きの内、100m分をC3000Sスプールに巻いて使用)。

使い勝手としてはやっぱり8本組はよいです。100mあたりで見れば、Amazon価格で1400円ちょいと、ローエンドクラスと価格的に大差なく、パワープロ 0.7号の入手が困難になってる現状を踏まえると、ロスト覚悟の根魚釣りでもX8になるかも知れません。