たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2013年05月03日(金)

14号地・・・やっぱりあかんわ

20130503-1.jpg
相変わらずですが、そんなことはどうでもよいのです
20130503-2.jpg
極小の反応の犯人はコイツ・・・スレ掛かりで申し訳ない

前日の天気予報では終日風は弱いみたいなことだったため、8時20分頃からの開始で釣行。

現地は北西の風吹きまくり。海面も微妙に波立ってるし、どういうことだよ。

3Bのガン玉を噛ませたジグヘッドでは風に流されてしまうため、向かい風の状態でキャストして極小ロリタケノコ様を探るも、反応が全く無い・・・。

風と寒さと反応の無さで苦労しつつも1時間ちょいで4匹ほどの極小サイズを引っかけて、根掛かりロストしたため撤収。


で、夕方から今季相性が非常に悪い14号地へ釣行。

明るいうちに投げても全く意味が無いため、穴狙いで・・・前回釣行時と同様、すんごい小さい何かが当たるけども、全く針に掛からん。

この正体は・・・シマハゼ・・・。

スレ掛かりで腹に針が貫通してて、もうお亡くなりになるだろうけども・・・ワームや針のサイズを落としても掛からないわけです。


とりあえず、朝の釣行で不良在庫のR32マイクロを使い切ったので、この後はサワムラのスイミーバレット2.5インチを使っていきます。

ジグヘッドにつけて見た感じ、非常にヤバそう(セコさ的な意味で)な感じがするのですが、14号地ではダメでした。

2013年05月04日(土)

飽きもせず、極小ロリタケノコ釣りへ

20130504-1.jpg
大きいの??そんなもん知らんわ!!

10時前くらいから極小ロリタケノコ釣りへ。

エサ、ルアー問わず、取っ替え引っ替え人が来るね。ぶっ込みでやってるエサの人は全く連れてなかったようだけれども、極小のアタリはあるみたいな事が聞こえてきましたが・・・詳細は不明。

今回も反応は悪く、水深が無いからか、沖のカケアガリのところでしか反応が無い。釣れても10cm前後の極小タケノコだけども。

2時間程うろうろして、結局極小を6匹。無理ゲー。

連休中叩かれまくりな上に、春の極小サイズ入れ食いシーズンもおわったっぽいので、自分にはどうにもできません。


なお、在庫処分強化中のスイミーバレット2.5インチでは全く反応なし。反応があったのは、いつ買ったか分からないダイワのビームスティック1.5インチ、エコギアのミノーSS。

クソゲーロッドにC3000のリール、0.6号PE、2.5号フロロリーダー、2B~3Bくらいのジグヘッドでやるにはさすがに厳しいです・・・。。

2013年05月05日(日)

もうダメっぽい。マジ釣れん。アレも終ったみたい。

20130505-1.jpg
久しぶりにムラソイ様が・・・ちっちゃいけど
20130505-2.jpg
タケノコ様も反応なさ過ぎ・・・当然ちっちゃいけど

連休も後2日・・・連休中に何かを成したかというと否なわけで、なんだか萎えますなぁ。

さて、午前中に東海市の釣具屋へ。友人の助言を得て、適当に良さそうなカラーを選んでもらう形でアレを2本追加・・・。これだけあればもう十分だよね・・・。

で、夕方から近場の極小ロリタケノコ釣りへ。が、反応なさ過ぎ。1時間弱でちびムラソイ×1、ちびタケノコ×2で挫折。日を追う事に反応が無くなってるような気がする。

場所移動するも一度アナハゼ(?)にツンツンつつかれるアタリがあっただけで終了。

夕マズメ時に再度移動し、ジグヘッドでチマチマやってみるも潮位が低く根掛かり多発で釣りにならないため、ベビードラゴンに5gのTGバレットシンカーのテキサスでフルキャストし、リフトフォールでちんたら探ってると待望のアタリが。しかし、寄せてる最中にバラシ。それなりの重量感があったのにヘタクソすぎる・・・。相変わらずやね。まぁ、2才魚・・・17,8cm程度でしょうが・・・次元低いすなぁ。

最後にアレの生息調査に行くも・・・影も形も確認出来ず。

海面をうごめくバチですらも絶対数が少なく、確認できるのは極小のメバルとクラゲくらい。潮が低すぎるとか、動いてないとかの原因があるのかもですが、そもそも論で時期的にアレは終了なのかも知れません。(近日記事化予定?)

2013年05月12日(日)

夕方から近場でタケノコ釣り・・・日中だと相当引きますね

20130512-1.jpg
近場でこのサイズは・・・2月以来ですなぁ

前日は終日雨で釣行出来なかったため、今日は17時前から近場へ根魚釣りへ。

まずはボウズ逃れをするために、極小タケノコを釣るべくジグヘッドで・・・まったく反応無し。20分くらい頑張って見るも全く。そもそも人多すぎ・・・。

仕方が無いので場所を移動。こんな明るい時間に釣れるんかと半信半疑のなかで適当に探ってると、不意によさげな反応が。久しぶりな重量感で良型を期待するも、根に潜られては元も子もないということで必死にゴリ巻きして水揚げ。

25cmは越えただろと確信するも、実際に計測したところ24cmと届かず。とはいえ、結構太り気味っぽいし、この時期の日中のタケノコ様は引きが良いです。そもそも近場でこの3才魚サイズが釣れれば・・・満足ですよ・・・。

その後はちびタケノコを1匹追加したのみで、アタリはあるもバラしたりで相変わらずのヘタクソ具合ですが、仕方が無いね。

結局20時前まで粘るも、やっぱり暗くなってからは全く反応が無くなり、ミミイカ調査に赴くもバチと5cm程度のエビ、2cm程度のカニくらいしかおらず終了、撤収。


2013年05月12日(日)

先月の話しだけどもミミイカ釣りまとめ

20130512x-1.jpg
ミミイカ様…エイリアンみたいでキモ系なイカちゃんですぞ
20130512x-2.jpg
沈下速度別にいくつか商品があるも、どれが良いのか不明

もうミミイカはシーズン的にオワコン(終ったコンテンツ)化しつつあり、次のトレンドはヒイカのようですので、備忘録としてメモ。

全くもって何が楽しいのか分からない、エギング(今回はいわゆるライトエギングというやつ)です。単に自分がヘタクソなだけですが、釣るための過程が理解不能。1.5号くらいのちっちゃいエギを使ってミミイカなるイカちゃんを引っかける釣りです。

4月中旬に近場でちびタケノコを狙っていると、海面を漂う怪しげなイカちゃんを確認、手掴みでゲットすることが出来たため、モノは試しと後日釣具屋に行ってちっちゃいエギ(ヤマシタのナオリー1.5号ベーシックタイプ アカエビカラー)を購入。

で、日を改めて試釣。

ちっちゃいイカ系はどこを探れば良いのか、どうアクションを入れればよいのか全く知らないうえに、周りに誰もおらず見よう見まねというわけにもいかなかったため、適当に。初めはキャストしてしゃくったりしてみたけども反応無し、底・中層・表層のどこにいるのかもさっぱりなため、割り切って表層狙いに切り替え。

試釣日の状況としては、日没後に10分毎に1匹程度の頻度で表層にミミイカが出現。周辺にエギを落とすと・・・まだスレていないのか興味を示したようで寄ってきます。で、躊躇することもなくエギに抱きついてくるわけで、その過程がモロ見えです。これはアツい。

抜き上げるときに水吐き噴射でバレることがありましたが・・・アワセは要るのでしょうか。串刺しにして強引に水揚げすればよいのかも。

中にはエギを投入して、ちょんちょんしたり、フォールさせたりしても全く興味を示さないイカちゃんもいますが、無理なヤツは何やって無駄と判断し放置。

最終的に7匹ほどで雨天強制終了となってしまったものの、目視出来たヤツの3/4はゲット。釣れればですが、こういった釣りも面白いものですね。まぁ、タモですくった方が断然効率良さそうですが。

ちなみに、ミミイカ釣りをやってる最中、ポイントチェックに来る人多数。皆さん口を揃えてヒイカはまだかー云々と言っておられましたが・・・、中にはためになる話しも。

真偽は不明ですが、多分本当でしょう。内容としては以下のとおりです。あり得る話しです。



エサ釣りでヒイカ釣りをしていた釣り人Aがいました。
釣り人Aの隣に、別の釣り人Bが集光機を持ち込んでヒイカ釣りを始めました。
すると、光のある方にイカが集まるので、釣り人Aは全く釣れなくなりました。
釣り人Aはブチ切れで釣り人Bのクーラーボックスを海に放り投げました。


ああ、怖いですねぇ。そのうち、人も海に落とされそうです。

まぁ、自分は釣れないので全く関係の無い話しではありますが、中には娯楽の範疇を超え、食糧確保のため必死な方もいらっしゃいますので、周辺の釣り人の年齢層・素性等いろいろ注意して、行動・言動に注意しないと逝けませんね・・・。

殺伐とした世の中になったものです。


2013年05月18日(土)

潮の状況と体調が共に悪い中強行・・・まぁこうなるよね

20130518-1.jpg
当然だけど、潮位があって潮が動いてる時間じゃないとダメだわ
20130518-2.jpg
寄ってくるんだけども・・・抱いてこない件・・・わけわからん

特段忙しいわけでもなく、大した事は何も無いにもかかわらず、激しい疲労感に襲われているわけですが、寝ててもまったく改善しないので夕方から強行。
(朝一から『あー、しんど・・・』という状況なのですが・・・)

初めのポイントでは・・・小潮の干潮潮止まりの時間帯となるため、潮位はクソ低くは、全く潮が動かないわ、微妙に風が強いわ、至る所で赤褐色の海藻が生い茂ってて根魚狙いは困難極まりないわでやる気ゼロ。

仕方が無いので、いろんな港や堤防を帰りながら見回り。

やっぱり、どこもかしこも、根魚がいそうな敷石境界の切れ目とか、沖の根とかそう言ったとところに海藻が生えまくっているようで、しばらくは無理っぽそうな雰囲気です。クソ重いオモリにベイトタックルでワームをぶち込んで引きずり出すような釣りすればいけるかもだが、ちびっこしか居ない三河湾西部地域でそれやる意味あるか??)

結局18時頃に多少は風が避けられて、海藻も少なめの場所があったため、開始。で、・・・極小タケノコ様を引っかけて終了。反応なさ過ぎで、1時間で2バイト、1ゲット、海藻に引っかかり1バラシとの散々な結果に。

その後、表層を漂うミミイカ調査に赴くも、こちらも1時間で4匹ほど確認出来ただけ。風をモロに受けて頭痛が酷くなるわ、イカちゃんはエギに寄ってくるけども抱くところまで逝かないわで全くもってつまらないので撤収。

ちなみにこの場所では、イカちゃん狙いの釣り人は他に2人(エサとエギ)。帰り際に様子を見に行くと、反応無いらしく、『別の場所のがよいのかもねぇ、釣り人全然いないし。釣れないことよー知っとるわ』(要旨)とのこと。

そもそも、根魚にしろ、イカちゃんにしろ、潮位がそれなりにあって、潮動いてなきゃダメじゃないのかね、これ。。。まぁ、当然だろうけど。


で、案の定風邪ひいた・・・。19日は夕方から雨っぽいのでおとなしくしています。あー、咳は出るわ、頭痛が酷いわでやっとれん。

2013年05月25日(土)

体調不良なため釣行断念、で、クソゲー方針

20130525-1.jpg
アレ用のオモリとして、軽量なナスオモリを使います

相変わらず体調が悪い件。
緑色まじりの鼻水はあふれ出るわ(これは鼻炎もあるが)、咳き込みまくりだわ、熱があるのか朦朧とするわ。
モノは食えるので酷くはないが、寝るにも寝られないので、釣りには行かず駄文を書き殴ります。


とりあえず、6月から開始予定のクソゲーのネガティブキャンペーンの前提条件でも。ここで宣言する意味がどこにあるのか、全く分かりませんが・・・。


<エサ釣り>
・14号地で砂カニを用いた前打ち(穴打ち限定は非効率なので止め)
・昨季は4B以上デフォで重すぎだったのを反省し、2B~3B位のガン玉による針オモリに変更
・扱いが楽なため36-42 の Uガイド竿を利用するが、42-53 のUガイド竿を使うかも
・エサ切れしたら、0.3号~0.5号のナスオモリを用いたルアーによる前打ちを検証

で、釣れるんでしょうか?・・・まぁ、無理だよね。


<ルアー釣り>
・ルアー類の新規購入の抑制
・平日仕事後釣行再開(釣れるんなら話しは別だが、週一、20:00-22:00 が限界。)
・河口域、小場所以外の選択肢開拓・情報ヲチ
・トレーラーは、インチホグ、ベビードラゴン、ドライブクロー、サンドワームあたりの在庫品を処分
・ボンボンなどチヌラバー系以外の選択肢の検証
・バイブレーションなどのハードルアーの検証
・ネガティブキャンペーンの展開(損失時間、損失額等の集計)
・ウェーディング禁止(そもそも必要な道具持ってないし、そこまでする気もない)
・法令遵守(路駐の時点でアウトな件)

で、これも釣れるんでしょうか?・・・まぁ、無理だよね。


とりあえず、パワープロが巻いてあった 0820 スプールにいつ買ったか分からない在庫品の WX8 をセット。
近日リリースらしい G-Soul X8 UPGRADE との差が何なのか良く分かりませんが、よつあみなんで品質は問題無しかと。


ということで、ルアー類も準備済みなため、6月に入ってから開始します。
が、釣れてる情報全く見かけない件。半田方面でチンタが釣れ出さない限り、14号地は(自分には)無理だし。

2013年05月26日(日)

コウイカ狙いでヤリイカ様…相変わらずこの釣りは…

20130526-1.jpg
初ミミイカちゃんに続き、初ヤリイカちゃん・・・2.5号エギにて

狙うといってもちょっと大きいエギを投げただけですが。

先の週末で XPERIA UL SOL22 に機種変更。
高すぎで笑えないし、5インチサイズはデカすぎて笑えない。手はデカいほうなので左手のみでの操作は問題無くできますが・・・いろいろ辛い。

クーポンの有効期限なんかの関係もあり、他に選択肢が無い以上やむを得ずではありますが、一応胸ポケットには入るので、釣りには持ち運び出来そうです。

新端末の設定で半日潰れてしまい、夕方から釣行。南東の風が強いわ、人は多いわ、変なニゴリが入ってるわでモチベーション激ダウン。

数は少ないものの、コウイカのスミ跡っぽいものが各所で先週あたりから散見され始めたこともあり、それ狙いで、相変わらず訳が分からないエギングに挑戦。

手持ちのクソゲーロッドでは3号のエギを投げるのは困難なので、2.5号のエギで適当に。

当然の如く何の反応も無く、周りも釣れてる雰囲気も全く無く、相変わらず人も多く殺伐としていて非常に微妙なところですが、なんやかんやでヤリイカ様を鬱陶しい海藻と共に初ゲット。一応生きていたのでリリースして終了となりました。

2013年05月31日(金)

【忌】無駄なことだって知ってるくせに #1

ネガティブキャンペーンを全力展開するため、当然、反応無くても余裕で記事を起こします。

ということで、予定どおり仕事後釣行で今季初の忌むべきクソゲー釣行・・・定時ダッシュからの釣行とはいえ、普通にしんどい・・・。

かなり久しぶりなため、底の調査も兼ねて(いきなりボンボンとかバイブとかを投げてロストするのもアホ臭いので)、カン付きチヌ針6号にナスオモリ2号のMKリグで開始。

で、19:30から21:00までやって当然のノーバイト。全くもってつまらないので終了。

ぶっ込みでキビレが釣れてるようなネタを見かけるするようになるも・・・マジで釣れてんのかね。回遊にうまいこと当たれば可能性はあるのかもだが、ボラジャンプですら全くない件・・・。

ちなみに海面をライトで照らすと、エビやら、砂カニやら岩カニやら、ヤドカリやらが悠々と移動してたりと、悪くは無さそうでしたが・・・まぁ、ぶっ込みエサ師も釣れてる様子も無かったし、まだ、5月下旬(しかも、今季の海はやや遅れ気味?)な状況だと、こんなもんかもしれません。