たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2013年04月13日(土)

面白いけどつまらないね

20130413a-1.jpg
極小ロリタケノコをインチホグで釣るというセコさ(ノД`)

荒天や体調不良などがあり、2週間ぶりの釣行。

いろいろとシンドイので、30分圏内の三河湾西部へ。個人的には碧南から幡豆くらいまでが三河湾西部のイメージですが・・・どうなんでしょうね。西浦は違う気がする。。。。

最近の状況が分からないため、17時頃から開始。敷石帯を探ってると、明るいにもかかわらず反応が。ただし、極小ロリサイズのようで、パルスワーム3.2インチじゃ当然掛からんし、ベビードラゴンに変えてみても掛からん。

極小ロリサイズを狙っても仕方が無いものの、ボウズ喰らっては元も子もないので、0.8号のナスオモリにインチホグを付けたMKリグをキャスト・・・一投目から余裕で釣れました・・・ロリサイズが・・・。

結局インチホグで3匹ほど引っかけたところで虚しくなってきたため、せめて17cm以上を・・・ということで、パルスワームやらグラスミノーMやらに戻してやって見るも、ちびっ子にしっぽを噛まれるだけで終了。

日没後は完全に反応が無くなり、全くもってつまらないので撤収。

2013年04月14日(日)

極小ロリタケノコ様ばかり

20130414a-1.jpg
こんなのしか居ませんが、割り切れば逝けます
20130414a-2.jpg
アイナメ様・・・ジグヘッドの針が折れて逃がすのが大変だった

前日の釣行で極小しか居ないことが分かったため、極小サイズを狙うべく、せっこいワームを持って釣行。

持ち込んだのは、いつ買ったものか全く分からない、不良在庫と化していたマーズ32マイクロ、パラマックス2インチ、プリティーシャッドなどなど。

底を狙いすぎなのかロストが多発するものの、在庫処分と割り切ってガンガン使っていきます。

8~12cm程度の極小ロリタケノコ様が釣れまくるなかで、どういう訳か一回だけそれなりな重量感の魚が掛かり、水揚げしたところ、正体はアイナメ様(一応計測で24cm程度)。こんなところにアイナメ居るのね。。。

日没後は反応が極端に悪くなり、結局20匹以上のロリサイズを引っかけて終了。17cm以上の2才サイズのタケノコ様はどこに逝ってしまわれたのでしょうか・・・。

で、日没後はなぜか遠くで雷がピカピカ光りまくってる・・・。レーダー見ても雨雲ないのに、なぜだ!?

2013年04月20日(土)

雨予報のため昼過ぎからの釣行に

20130420-1.jpg
相変わらず極小ロリサイズしか居ないっぽい、ここは
20130420-2.jpg
酷いね・・・オレンジ色が・・・これは・・・

夕方から雨が降り出すというような天気予報であったため、真っ昼間から釣行。

ロリタケノコ様なら明るいうちでも問題無く逝けるはずということで、13時すぎから実釣開始。前回と状況が異なり潮が透けまくりでなんだか釣れなさそうな雰囲気が。

実際キャストしてみたところ、一応魚の反応はあるものの、針掛かりが悪かったり、そもそも論でアタリの頻度が低いなど、渋い・・・。

結局2.5時間程度で15匹前後の極小ロリタケノコ様を引っかけて力尽きたため、諦めて場所替え。

次の場所では叩く場所が良く分からないため、3.2インチパルスワームのMKリグでねちねちと探ってると、魚の反応はごく希にあるものの全く掛からん。

引続き探っているとフグにパルスワームを食われてしまったので(って、もうフグ居るのね)、ジグヘッドにサンドワームを付けて再開すると、反応の正体は極小ロリタケノコ様・・・。

ひととおり探り歩いても反応は乏しく、プランクトンの死骸で海面がオレンジ色になってたりで毒々しいわけですが、2時間くらいやって結局2匹の釣果のみ。甘くないね。

日没後もパラパラと雨が降る程度で、釣り人も少なく何とかなりそうだったため、アレを狙ってみることに。

なかなかうまく行かないのでムキになってやってたら2時間ほど経過してて計7匹程。初めてにしてはうまくできた・・・のかどうなのか。

20時頃には雨が本降りになってきたため仕方なく終了、最終的には6時間以上釣りやってたようで・・・疲れました。

2013年04月21日(日)

オートリリース多発で自滅

20130421a-1.jpg
意味もなく GIMP の集中線フィルタを掛けてみた

強風な中で強行突撃・・・やっぱり無理でした・・・。

敷石の穴を狙って極小ロリサイズを狙ったところ、反応は無いわけではない状況。水面まで上げて空中でバラすオートリリースが2回あるも、何とかロリサイズでボウズ逃れ。

夕方に期待するも・・・こっちでもオートリリースが発生。テトラ際をひいてたら掛かったので寄せたところ、また水面上でオートリリース。

その後もテトラ際をひいてると再び掛かったので寄せたところ、水面上でジグヘッドの結び目がほどけてしまい針が掛かった状態でバラす始末。

サルカン結び1回だけじゃ、そりゃ無理だわなぁ・・・。ロリサイズだからと完全に舐めプしてました。普段やってるヤツ(最強結びというのに似てるけど、2回じゃなく3回まわしてしめる)にしとけば良かったが、まぁ、これもたまに抜けるんだけどもね。

魚自体は目視確認してて久しぶりの2年生(2才魚)サイズでそれなりに大きそうだったのに・・・ホント申し訳ないことをしました。

完全に暗くなってからは反応が極端になくなり終了。基本的に大アワセはしない人なので、食いが浅いとすぐばれる・・・ということか。まぁ、今回は完全に自爆です。。。

2013年04月29日(月)

久しぶりのカサゴ釣り

20130429-1.jpg
22,3cm程度のまぁまぁサイズのカサゴ様が最大でした
20130429-2.jpg
最終的に12匹キープ、ちびサイズ等15匹リリースで終了

今日一サイズの何かをゴリ巻きしてラインブレイクでバラすという相変わらずヘタクソなわけですが、久しぶりにまぁまぁなサイズのカサゴ様をそれなりな数ゲット。

真冬と比べて、根に潜ろうとしたり、首降ったりと、体をくの字に曲げてタダ重いだけ・・・ということではなくなったようです。

バラす頻度が高かったため、聞き合わせから追いアワセ(?)をぶち込むようにしたら、だいぶマシに。初めからやってりゃよかった・・・。(チキンなため、電撃合わせとか出来ない人なので)

太陽が顔を出した5時すぎくらいからはワームをやめてメタルジグを投げてみるも・・・当然何の反応も無し。で、終了。光り物に反応してくれる根魚くらい居てもいいのにね・・・。残念。

とりあえず、ここ数日爆風続きで釣りにならなかったわけで、釣れて良かったです。

が、帰宅後に水汲みバケツから魚を取り出すと、バケツにちっちゃいヒルみたいなのがいっぱいへばりついとる・・・。きんもーっ☆

ゴキさん駆除でも大活躍の、台所用洗剤(界面活性剤)炙りの刑で殺害を試みるも、死してなおビニールに引っ付いたままとかどんなクリーチャーなんだよ・・・。


2013年04月29日(月)

明日30日は仕事なため、第2回戦釣行を強行

20130429a-1.jpg
相変わらず犯罪っぽいほどの小ささですなぁ・・・

寝不足で気持ち悪い状況の中、徹夜釣行後2時間弱だけ仮眠して夕方からまた釣行。

近場で極小ロリタケノコ様と戯れるはずが・・・反応が少なすぎる。潮が低すぎなのか、エサ師含め人が多すぎで叩かれまくりなのか、結局苦労しつつ極小ロリサイズを3匹引っかけたところで好転はないと判断し移動。

移動先では、攻める場所が良く分からないので2号のナスオモリをぶっ飛ばして根周りを探ってみることに。

南よりの風が強く、風に乗ってとんでもないところにぶっ飛んでいったり、飛びすぎて根掛かかったりなどなど、キャスト精度が安定せず(ちゅーか、もともとヘタクソなだけだが)ロスト地獄に陥るも、15cm前後のちびタケノコ様を2匹ほどゲット。

その後はアレを狙って見るも、気配が無かったり、完全に相手にされなかったりとか、どういうことですか・・・(ノД`)。

4/30と5/2は仕事で他は休日なため、また休みになったらがんばります・・・。