たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2012年10月05日(金)

苦行の苦釣行・・・

20121005-1.jpg
まだ浅場には上がってきてないようですね・・・

なぜ自分がこんな仕打ちを受けないと行けないのか。

上期が終わって、手持の仕事に余裕が出来たため、午後休暇をぶち込んでで南知多方面へ様子見。少なくとも11月くらいにならないと、丘からの南知多は厳しそうな印象ですが、10月とかどうなのでしょうか。

夕マズメの17時から完全に暗くなって潮止まり前の19時までやってみましたが、反応激少。フグすらの反応も無いレベル。しかも、例の石のせいで腰(?)も痛いしやっとれん。

結局、2バイト1ゲットで終了。ボウズは逃れたけども、17cm前後のちっちゃいタケノコ様とか、どうしろと。結論的には、浅場にはまだ上がってきてないということでしょうか。

離島の深場でも叩かないかぎりまだダメっぽいですね。そこまでする価値があるのか知りませんが。逝きたい人は逝けばいいんじゃないかな。日間賀島とか日間賀島とか日間賀島とか・・・。

で、帰途で激痛が再発。もうここ数日連発してるのだが・・・。うめきながら腰を押さえて運転するとか・・・運転中意識失うほどだったら余裕で死ねる・・・やったね・・・(ノД`)。


2012年10月06日(土)

苦行の萌エビ前打ち・・・

20121006-1.jpg
新子サイズ・・・m9

夕方から14号地へ前打ち。
チンタやちっちゃい根魚狙いなわけですが、近場で釣れれば何でも良いです。釣れる気がしませんが・・・。

そもそも、モエビで前打ちとか訳がわかりません。
(モエビの付け方がよーわからんし、ガン玉打つ位置も分からん。ゴムとかティッシュの切れ端みたいなので、ラインを覆ってガン玉噛ませないとまずいんじゃないか??)

カニエサと同じ要領で穴打ちしてると、針先がでてるのですぐに根掛かってしまいイライラ。慣れないことややらない方がよいね・・・。結局1時間ほど無駄に。

最終的には、17時前から異常に沸いてるらしい新子のちびセイゴ様(20cmちょいくらいかなぁ)を数匹引っかけたところで、日没エンド。日の沈むのも早くなったもので、17時40分には何も見えん・・・。

ちびセイゴは底じゃなくて中層で沸いてるみたいなので、胴付き仕掛け持ってきてまじめにやれば数釣れるんじゃないかなと思いますが・・・個人的にはあんまり面白くないです・・・。
(お土産確保が必要ならありかもですが。サイズ的にも環境汚染度数は低いでしょうし、新子なら味もそう酷くはなく、食べれるレベルなんじゃないかな・・・と魚嫌いが申しております(ノД`)。)


最後にお約束。今日も当然の如く帰途の車内でもがき苦しむわけですが。いたいよぉ、くるしいよぉ・・・。(昨日ほどじゃないけど)

2012年10月08日(月)

苦行の根魚釣り・・・

20121008-1.jpg
えっと、どうしたらよいのでしょうか・・・

まさか禁断の地にてこのような結果になるとは・・・。

石は出てこず連日苦しむわ、竿は折れるわ、魚は釣れんわ・・・。益々ネガキャンが捗りそう。ああ、○々しい。

状況は・・・アタリもごく希にしかない上に、食いが非常に浅く、全く針がかりしません。それなりなサイズの個体は存在しないようで、パルス4インチでは大きすぎてお話にならず、3.2インチまで落としてやっと引っかけることが出来る感じ。(それでも半分以上掛からん)

結局4匹ほどのちっちゃいカサゴ様を引っかけるのが限界でした。

2012年10月21日(日)

【信心が足りない】益々悪い方へ転がって【呪】

20121021-1.jpg
両方ともライン残量が45m前後だった模様

信心も足りなければ、ラインも足りない・・・。
(※神も仏も信じませんが、呪いは信じますw)

ラインの残量が怪しかったので、念のため替えスプールもってきたのに、そっちも足りないとか・・・。キャストして底を取る前に残量ゼロに。ぐぬぬ。

もうだめだね、何やっても裏目に。去年とか、サイズはともかく何らかの反応があり、問題無く釣れたところを叩いてるのに、カスりもしない。(フグの襲撃を除く)

まぁ、海に落ちないだけマシ・・・なのかな。
今の状態が続けば、遅かれ早かれ、結末は同じなような気がしますが・・・。

とりあえず、根魚でよつあみの WX8 0.8号を使うのはカネドブっぽいので、オリジナルスプールも追加で買った0820スプールもパワープロの0.7号(東海市の釣具屋で安く売ってたので2つストックがあるのです)に巻き替え予定。

WX8自体は良いラインなのですが、さすがに根掛かり等でラインを切る機会の多い根魚釣りで4000円弱するのはさすがに使えん・・・。


どうせ、何使っても、カスりもしないでしょうがね。