たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2012年09月01日(土)

1月ぶりに前打ちするも珍魚が1匹だけな件

20120901-1.jpg
コショウダイ・・・でしょうか。この辺ではちょっとレアかな。
20120901-2.jpg
それにしてもこの条件でなぜ反応がないのだ・・・ksg

結論を冒頭に書きます。
今日の14号地はクソ。根魚等問わず、根本的に魚がおらん。
魚の反応は1回だけで、この辺ではレアなコショウダイ(ただしちび)だけとか・・・。

冗談なしに1月全く魚を釣っておらず、立ち入り禁止な某空港島とかで根魚釣りするほど根性もお金もないので、14号地へ。(14号地も大概だけどね)

とりあえず道中に砂カニの調達・・・。砂カニのシーズンオワタ\(^o^)/。
使えそうなサイズがほとんどおらん・・・。チゴガニ(マメガニ)はいっぱい居たけど・・・泥な場所に居るのでゲットは困難・・・。

6月、7月なら採らないサイズの砂カニもやむを得ずキープして現地へ。

状況は、南東のかぜ結構強め、ザブザブ(白波あり)、ニゴリあり・・・やべぇ、これ爆釣フラグじゃね。

が、案の定というべきか、14時の開始から2時間45分ほど全く反応無し。タケノコ、カサゴ等の根魚類も全く。穴の底を叩いて探り歩いてるので、居れば当たってくるはずなのだが。

途中、14号地でよく見かけるスキル持ちな釣師さんから聞いた話では今日は全くダメとのこと。やはり根魚の反応も無く、条件は最高なのにアタリが無いところを見ると、タイ居ないわ・・・と。
(同意でございます・・・。先週末は釣れたとのことでしたが、ちょっと良い情報を聞けたので、今後実践せねば・・・今シーズンもう終わるのでなんともだが・・・)

スキル持ちな方でだめならヘタクソな自分には無理だろとやる気をなくし、惰性で穴を叩いてたら16時45分頃に反応があって、奇妙な色の魚をゲット。釣ったこと無いけど、コショウダイだよなぁ・・・。

状況が上向いたわけではなく、ただ事故的に釣れただけ。結局その後も反応無くエサの砂カニも無くなったので、17時すぎに撤収・・・。


この状況では、モエビ持ち込んでもカネドブっぽい。今後どうしよう・・・。

2012年09月08日(土)

釣れる釣りがしたい・・・マジで・・・

20120908-1.jpg
ちびカサゴ様・・・

潮があんまり動かないがっかり潮汐ななか、夕方から14号地へ。当然潮が悪く、エサも自己採取できないので、個人経営の釣具屋に寄り道。

砂カニがあるかを聞いたところ、小さいのしか・・・とのこと。見せて貰うと確かに小さい。先週自己採取した際も小さいのしかおらず、時期的に仕方が無いので、普段使わない岩カニを500円分購入。

この時期デカイの居ないですからねぇと話してると、その後モエビ含めて雑談に。やっぱりお盆頃から砂カニのデカイのが居なくなり、その道のプロ(堀師?)が素人が探さないような場所でやっても、もう厳しいとのこと。


で、14号地。

投げ釣りやってる人は結構いるも前打ちは数人。ニゴリが適度にあって風もあるので、潮が動いて無くてもまぁ、悪くなさげ。

が、いつもどおり。安定度抜群の無反応・・・。つまらん。

結局、15時45分から18時15分の約2時間30分やって、2バイトだけ。

初めのバイトはクサフグ。ちっちゃなおちょぼ口で固い岩カニがえぐられるように食われた跡が・・・。2バイト目は20cm弱(手尺だと18,9程度)くらいのちびカサゴ。

今回もクロダイの反応無し。そろそろデカイのは落ちて、チンタサイズが主で釣れてくるはずなのに、そのの反応すらないわけで、もうどうしろと。


クロダイに限らず、近場であまり金のかからない、魚種・サイズを問わず、何かが釣れる場所となると、佐久島にでも行くしか無いでしょうか・・・。(セントレアでデカイキジハタ上がったらしいけど、あそこは行かないので知らん)

1年以上行ってないので、そろそろ行こうかとは思うものの、今月はどう考えても仕事が処理仕切れず有給なんて無理。

来月にでも行ってこようかなぁ・・・と・・・。

2012年09月15日(土)

福井の超メジャーな漁港(?)で自分だけ根魚釣り

20120915-1.jpg
キジハタ様・・・釣り荒れてるのに、この場所に30cm級居るの?
20120915-2.jpg
水深のせいで、30前後が来たかと思うような引きだった(ノД`)

ちょっとした経緯があり、福井の越前漁港(小樟漁港~厨漁港)に行くことに。

前にもネタにしましたが、福井はおおよそ10年ぶりです。ちなみに、県外までわざわざお金をだして釣りにいくのも・・・ポリシー外なのでいつ以来なのでしょうか・・・。

そもそも今回はイカちゃんを釣るために福井まで行くという企画に、部外者の自分が便乗することになったのがきっかけですが、エギをしゃくるという概念が良く分からないうえに、何が面白いのか理解出来ないという状況(よーするに釣れる気がしない)なので、15日は根魚一本です。


●厨(くりや)漁港
越前漁港の一番南にある港らしい。
堤防沿いを適当に探ってみましたが、数メーター先にちょっとした敷石のカケアガリ(?)があるだけで、他は砂漠っぽい。惰性で2時間くらい探って見るも何の反応無し。
周りは・・・サビキで豆アジやちょっと大きめのアジ。そのアジのヤエンでアオリという感じ。イカスミ跡は至る所で見かけるも、エギしゃくってるひといたけど、1回しか釣ってるの見てないのだが・・・。
(ちなみに、ヤエンもエギも超足場の高い場所(脚立が壁に立てかけてあって、それを上って超巨大なテトラの上でやってるっぽい)という、とてつもなく危険な場所でやってた人。)

●小樟(おこのぎ)漁港 道口(みちくち)
結局、何の反応も無いので、助言を得て厨漁港の北側にある、小樟(おこのぎ)漁港内の南側道口(みちくち)エリアへ。
水深が結構あるようなので、底の様子を探るべく、タングステンバレットシンカーのテキサス、向かいに見える壁の出来るだけ近くまで飛ばせるよう飛距離を考慮して3.2インチパルスワームを投げて、底を探ったとこと、一投目で何かがヒット。重いだけで、全く暴れないので海藻か、硬直したカサゴか何かと思ったら23cmのちっちゃいキジハタ様。
その後も、結構な引きと重量感があったため、おもわずデカイと口走ってしまったわけですが、残念な事に水深があったのが理由であって、結局顔を出したのは23cmのカサゴ様(まずまずなサイズではありますが)。

その後、19時30分には一旦釣りはお開きになり、夕食・温泉(?)を経て、22時30分から一人だけで残業釣行。

・・・が、アタリも僅少で、パルスワーム4インチじゃフックアップしないサイズとか・・・そう言うレベル。

結局、翌日の2時30分まで粘って20cmの微妙なカサゴ様と、17cm前後の残念なカサゴ様を追加しただけで終了。

ちなみに、深夜やってる限り、エギ投げてる人や、エサ師含め、釣れてるような雰囲気が全く無かったのですが・・・まじ、イカちゃんいるのかね。

メジャーポイントっぽいので、北陸というポテンシャルを考慮しても釣り荒れ激しいのでは。30cm前後までのキジハタ出るらしいですが、もうスキル云々じゃなくて、完全に運の世界では・・・と。


(翌日に続く)


2012年09月16日(日)

無睡眠の徹夜あけでイカ狙い・・・代償は血尿w

20120916-1.jpg
こういうところ狙って、そして逝け・・・ということでしょう
20120916-2.jpg
安永餅いいよね・・・。いい・・・。

厳密には、土曜日からなので代償じゃないですが、睡眠は大事です。

前日の徹夜根魚釣りが残念な結果に終わり、その後メインイベントらしいイカちゃん朝まずめ狙いに行くとのことなので、同行。

地理感が全く無いため、良く分かりませんが、いろんな漁港などに行ったようです。ただ、どこも早朝4時前後だというのにエギ投げてる人だらけ。海も荒れてるようで、なかなか微妙らしい。

結局、どこかの漁港(立ち入り禁止・・・てか、福井県内の漁港は全て福井県の名で立ち入り禁止が明示されてる見たい。少なくとも、越前漁港含め、全て行った漁港で立ち入り禁止の福井県の看板がありましたから。まー、どーでもいいけど。)

ちなみに、このどこかの漁港もエギ投げてる人だらけ(厳密には、海岸線、岩礁帯、ボート等々至る所で・・・です)。足場の良い漁港では、ここは管理釣り場ですか!?(行ったこと無いけどイメージで)というようなレベルかと。

結局、イカちゃんの気配が全く無いということで、スキル持ちの皆々様が早々に諦めるレベル。もうどうしろと・・・オワタ\(^o^)/。

で、福井の30、40cm級の根魚を狙うには・・・多分、写真のような場所で釣りしないとダメなのでしょう。命掛けてまですることなのか、個人的にはそこまでする価値を見出せません・・・。


ちなみに、腰が痛いのか、腎臓が痛いのか分かりませんが、帰る最中体調不良で脂汗が・・・。その後収まったが何だったのだろう。出血性ショックとかか。まぁ、血尿類は今に始まったことでもないし、もうカメラは入れたくないけど、なりやすい体質とかになってしまったのでしょう。

結局、『焼き鯖』、『羽二重餅』を敦賀の日本海さかな街でゲットし、養老SAで桑名名産の激ウマ『安永餅』とソフトクリーム(いい年したおっさんが外でソフトクリームを食べるのは、うわぁ・・・となりますな。ま、これもどーでもいいけど)をゲットし、撤収しました。

2012年09月23日(日)

全ての始まりにして終わりなるイカちゃん

20120923-1.jpg
釣った後で根掛かりしてエギ(2.5号 YO-ZURI製)殉職・・・(´・ω・`)

生涯初イカちゃん・・・。
おそらく、二匹目はありません釣れません・・・。

今後益々プレッシャーでスレていくでしょうし、最大の理由が釣るための過程が意味不明なため、この釣りの魅力がイマイチ分からないというところかなと。

理解の悪い愚か者ですみません・・・(ノД`)。

ともかく、3回目のイカ釣りにて初アタリ、初ゲット。
(1回目は西浦にて数投するも、あまりの意味不明さに挫折・断念、2回目は先日の福井釣行で1時間だけ見よう見まねで釣行という名の練習・・・。)

最終的には2アタリ1ゲットで、初めのヤツはエギを回収すべくただ単に早巻きしてたら乗ってきたのか、引っかかったのか分かりませんが、寄せてる最中にハズレ。感触も極小だったので超ちびサイズのイカちゃんかと。

2アタリ目にて触手(?)一本がカンナの間に引っかかってただけでしたが、無事落ちずにゲット。しかし、しばらくしてそのエギを根掛かりでロスト・・・。

うまい具合に出来てますね・・・。