たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2011年10月01日(土)

北西の風が強いので風裏のポイントへ

今日は道中幅寄せされませんでしたw。
が、2アタリ、1バラシ、0ゲットで撃沈。ともかく、無理ゲー。

デカイの釣ってる記事をみると伊勢湾側のような気がしてしょうがない。まぁ、セコ釣りに心血を注ぐ自分には関係無い話ですが・・・(ノД`)

ということで、何も釣れなかったので釣行ネタが無いため駄文を。

先日の釣行で靴が海水でズブ濡れになり、帰宅後水洗いして干しておいたため、とりあえず使えるようになったものの、半年使用でだいぶ色が褪せてきたので新しいのを買いに朝一から大高イオン内の靴屋へ。

毎度のティンバーランドのやつで良いかなと店内をうろついてると、何気によさげな感じのヤツがあったので購入。

ぱっと見で『おっ!』と思うのは、それなりに値段がするのですね。(今回買ったのも諭吉さん2枚ほど・・・。ブーツタイプのヤツも良い感じでしたが4万↑とか・・・。無いわ・・・。)

MERRELL WILDERNESS PATH(メレル ウィルダネス パス)
J15311(ブラック、なぜか靴紐が青・赤・黒の3種類入ってたり。。。)
http://www.merrell.jp/product/fusion01/WILDERNESSPATH.html

2011年10月02日(日)

激寒+激渋+撃沈=平常運転

20111002-1.jpg
渋すぎて切なくなります(ロッドで大体のサイズを測ってます)

午後から北西の強風が予想されたため、早朝から足場の良いポイントでセコ釣りへ。

・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・。

クソ寒い上に、カサゴの反応が激渋。まぁ、何時もどおりです。

5時30分前に開始し、しばらくして10cm位の極小カサゴを引っかけボウズ逃れを達成するも、その後はたま~に反応があるだけ。
しかも、極小がつついてくるだけで針がかりしない。

探り歩いてると、穴の中に仕掛けが落ちて、モゾモゾというアタリがあったので、これは貰った!と思ったら潜られて終了・・・。

その後も反応は乏しく、7時前に20cmのカサゴが来るも、撤収した9時すぎまでノーフィッシュ。セコ釣りしてもアタリすらないわけです。

水温が急に下がって活性が落ちてるのでしょうか・・・。

夕方からダブルヘッダーで知多半島に突撃する気力もないので、次の週末に期待するしかない・・・かなと。

これからの時期は北西の風が厳しくなるわけで・・・こまったものです。

2011年10月08日(土)

【連休初日】根魚の釣り方が分かりません

20111008-1.jpg
内側で25↑は幻想じゃないかなと (´・ω・`)しょぼーん

土曜日は混雑する傾向があるので、真っ昼間の2時前から実釣開始。

まずはサンドワームをセットして、底をリフトフォールで探ってみるも全然ダメ。カスりもしない。

底に根魚居ないのかも・・・ということで、プリティーシャッドに交換して、中層をタダ巻き。で、20cmのタケノコゲット。穴の中から出てきたというよりも、ヘチに着いてたのが飛びついてきただけのようで、結局後が続かず。

その後はフグの登場でプリティーシャッドが八つ裂きにされたので、サンドワームに戻すも、やっぱりフグ・・・。Vivaのワームまで喰われる始末・・・。

探り歩けば場所によっては反応があるも、小型なのか尻尾を噛んでるだけのようで、フックアップまで行かずに論外。

薄暗くなってからも活性は変わらず。

最終的に19時前までやって、タケノコ(20cm)×1、カサゴ×4(12-18cm)で終了。何だよ・・・これ。どこを狙えばいいのか、どうやればよいのか全く分からない。連休初日でこの状況だと、明日以降が死亡フラグなのですが・・・。

ちなみに周りの様子はこんな感じ。
(直接聞いたり、見かけたり、遠くから聞こえてきたり等々)
・専用の仕掛けでタコが釣れる
・落とし込み黒鯛は微妙らしい(砂カニでもフグしかあたらんと言う声が)
・足場の悪い方で25cmの根魚が云々という声が遠くで聞こえたが、そっちでは釣りをやらないので私には関係無い
・日中のエサ師はサンバソウとか、グレとか
・日没後は電気ウキのエサ釣りで15-30cm位のセイゴが
・ボケをつかってる人が
・ユムシ ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ プニプニ!プニプニ!


ええ、最後のが言いたかっただけです・・・。

2011年10月09日(日)

【連休二日目】状況は改善されず渋すぎる

20111009-1.jpg
アタリも乏しい上に、ちびサイズしか居ません
20111009-2.jpg
ウロハゼ。そいえば、去年ルアーチヌの時に外道で引っかけたな。。。

連休二日目も同じ場所に凸で、少し遅めの14時30分すぎからの実釣開始。

とりあえず結論。前日と状況はなんら変わっておらず、激渋。

普通に底を叩いても反応無しか、ごく希に極小のアタリのみ。激セコサンドワームでも掛からない。

アタリも乏しいなか、明るい内に変わったところで16,7cm程度のウロハゼが・・・。なにやらwikipediaの情報によるとウロハゼ食べられるらしい(マハゼより劣るみたいだが・・・)

夕方・日没以降は多少はマシに。プリティーシャッドやら、ベビードラゴンやらでは反応がないので、サンドワームオンリーで10cm程度~16,7cm程度のちびサイズを追加。

最終的には、カサゴ×7(10-16,7cm)、ウロハゼ×1(16,7cm)で終了。明日の連休最終日、釣りに行く気が無くなってきたです・・・。

ちなみに9日の周りの様子は・・・
・ルアー、エサを問わず全般的に渋い模様
・クロダイ落とし込みは1匹かけてる人を確認も、そろそろ終了かというような声も
・シーバス狙いの方曰く、反応無く微妙とのこと
・日曜日夜はやっぱり人が少ないです(トヨタ系は明日稼働日ですし)
・ユムシ ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ プニプニ!プニプニ!

・・・しつこいですね。自重します。

2011年10月10日(月)

【連休三日目】行かなきゃ良かった

20111010-1.jpg
切なすぎる。行かなきゃ良かった。

連休三日目も晴天で、西風微風。

初日・二日目と微妙な感じなうえに、長時間の釣行で疲労困憊だったので釣行する気が失せたものの、万が一に備えて15時開始で突撃。

で、18時20分終了-。・・・行かなきゃ良かった。

魚が居ない訳ではなく、セコい釣り方すれば反応はあるけども、全く針に掛からない上に、掛かってもすぐに外れる。その上、クサフグの活性が高く、ガルプじゃないプラスティックワームでも油断すると余裕で殺られる。

明るい内は基本的に穴の中でのバイトになるので、スローな釣りになり根掛かりロスト多発。手前の穴は根掛かりしやすいの分かってても、そこでしか反応が無いので攻めざるを得ないわけで、ああ、タングステンシンカー・・・。

本日の結論。場合によっては撤退(釣行しない)選択肢も有り。

2011年10月16日(日)

カサゴはどこへ消えた!?

20111016-1.jpg
ゲットはこの一匹のみ・・・カサゴはどこに行ってしまったのか

西風が結構吹いてて釣行するか悩ましいところですが、晴天で気温も高めなので15時実釣開始で突撃。

まずは、TG SINKER の8.8g、#4のオカッパリフックに激セコサンドワームをセットして開始するも、風の影響でまともに操作できず。

風上に向かって斜めキャストすることで何とか釣りはできるものの、なぜか底が取れず中途半端。30分ほどやっても釣れる気がしないためワンランク重いシンカーに交換したところ、底が取れるように・・・僅か数グラムでこうも違うモノなのか・・・。

で、しばらくして21cm程のタケノコ君をゲット。なぜかドラグがゆるゆるになっており、25cm↑が掛かったのかと少し期待してしまった・・・残念(ノД`)。

その後も場所を移動しながら順々に探っていくも、反応が2回有っただけ。1回はフックアップせず、もう1回は寄せてる最中に針ハズレ。両方とも10cmちょいのちびカサゴでしょう・・・。

夕マズメを迎えても活性は上がらずアタリすら無し。西風を浴びすぎて頭痛がする上に、根がかって仕掛けをロストしたので18時前に終了・撤収しました。


カサゴはどこに消えてしまったのか。雨の影響で塩分濃度が下がって足場の悪い方に移動してしまったのか。タコ釣りしてた人曰く、16日早朝は釣り場の先端でセイゴが沸いていたらしいので(30匹以上かけてた人が居るとか居ないとか)根魚も移動してる可能性は・・・???

ちなみに、周りを見渡した限りでは、根魚狙いの人は微妙な感じ、タコ釣りは好調とまでは行かないまでも、一人1匹は持ってたような感じ。タコは根魚釣るよりも面白い・・・のかな。オクトパッシング・・・こう書くとなんだか妙に痛々しいけども、釣れるなら案外有りなのかもですね。


ついでに愚痴。ラインを先日購入したパワープロ(0.7号)に巻き替えて今回利用したが、妙にラインが絡んでダマができる・・・。巻きすぎなのか、何なのか・・・。まぁ、スキル不足なだけですが。3回ダマができて、2回は救出できたけども、1回はダメ。

ただ、根掛かったときリーダー結束部で切れなくなったのはありがたい。やっぱり1年近く使ってるとラインも脆くなって結束強度がかなり落ちるんでしょうね。

2011年10月22日(土)

幡豆方面根魚調査・・・根魚居るの??

20111022-1.jpg
ホワイト系は個人的にモチベーションが上がります(釣れないけど)

終日雨かと思いきや、昼前には雨から曇りに変わり、各種気象情報サイトの雨雲遷移予想を見る限り、17時くらいまでは何とか持ちそうだったので、知多方面はやめて幡豆方面に根魚調査へ。幡豆方面は今季初です。

道中南東の風が結構吹いていたので、風裏になる場所へ30分ほどで到着。過去、30オーバーの根魚が上がっているのを2回ほど目撃(エサとルアー)してる場所です。うらやましす。

とりあえず、3.2インチパルスワームでリフトフォール・・・。反応無し。仕方が無いのでサンドワームでリフトフォール・・・。反応無し。

こうなりゃ10cmサイズを穴釣りで・・・反応無し。で、根掛かりロストw。

昨年と同じく、根魚の気配が全く無い・・・ような・・・(ノД`)。

ちなみに、水面上では、所々でちびセイゴ(もしくはボラ?)ばピチャピチャとボイルしてて、エサ師がセイゴを引っかけてるのは確認。海の色が雨の影響か、赤潮なのか、赤褐色になってたのが気がかり。

で、気象サイトの予報どおり、17時すぎにパラパラと雨が降り出したので終了。(現地出発後10分もすると、滝のように雨が。知多に行かないで正解だったかなと)


ということで、ネタが無いので新ワーム。午前中にまた無駄なものに手を出してしまったです・・・。

その一つが、エコギア パワーシャッド 4インチの UVソリッドホワイトカラー。ホワイトは水中で目立つような気がして、すこしモチベーションが上がる訳ですが、気になったので購入。

4インチと少々デカイため、セコ釣り派な私としては使いどころが微妙なわけですが、周りで30cm前後級が釣れ出すようになれば、有り・・・かなと。


2011年10月23日(日)

法事のため、早朝時間限定凸

20111023-1.jpg
完全に狙いを外してる・・・何が悪いのか分からないのが辛い

そんなときに釣りに行くなよという突っ込みは無しで・・・。

狙うところを完全に外しているようでちびカサゴの反応も無く、撃沈。2アタリ1ゲット(しかも極小カサゴ)で終了しました。

足場の悪い方へのあこがれが募るわけですが、今季は足場の良い方で通します・・・。ええ、意地です。(本当の理由はチキンなだけですがね。)

2011年10月28日(金)

マゴチたん・・・(´・ω・`)

20111028-1.jpg
マゴチたん・・・根魚はどこにいるの??

釣れようが、釣れまいが、備忘録なので書き殴ります。

28日は有給休暇を取得したため、14時30分頃開始予定で知多半島へ釣行。今回はセコ釣りを封印して、沖の方を探ってみることに。

10gのバレットシンカーに3インチのカーリーテールワームやサンドワームを付けてフルキャスト。15秒ほどカウントダウンして底に届いてから、大きめなリフトフォールや、ストップ&ゴーを、単独あるいは織り交ぜて試してみることに。

が、全くもって釣れる気がしない。

サンドワームで沖にキャスト後に巻き始めると何かの魚がヒット。妙に首振ってるのでマゴチくさいなぁと思いつつ水面まで寄せたところ、やっぱりマゴチ・・・。ぱっと見で30cm前後のロリサイズなわけで、もう数日で11月なのにまだ釣れるのでしょうか??(40cmを越えれば釣り味も良いのですが・・・これでは・・・ねぇ・・・)

リリース後も引続き沖にキャストして探り続けるが、全くカスリもしない・・・。

17時頃がジアイだろうと予測し、強気に4インチパルスワームやら、パワーシャッドやらを投げてみるも、全く持って論外。さすがに焦ってきたので17時30分からはサンドワームのセコ釣りにチェンジ。30分ほどで16,7cm程度のちびカサゴを2匹引っかけるも、これが限界。18時以降は全く反応が無くなり、19時に終了。

昼間からセコ釣りしてれば、ちびカサゴならもう少し釣れたのかも知れませんが、根魚の気配がめちゃ薄いような気がしてしょうがないです。タケノコとかクロソイとか、ホントに居るんでしょうか・・・。モチベーションが下降中です・・・。

あと、やっぱりというべきか、夕方以降はもうクソ寒い。手袋や、厚手の上着など、さすがに準備しないと危険です・・・。

2011年10月29日(土)

日中のカサゴは完全終了・・・か

20111029-1.jpg
〔14:14〕24cm程のタケノコ君・・・セコ釣りにて
20111029-2.jpg
〔15:42〕25cm程・・・ベビードラゴンのセコ釣りにて
20111029-3.jpg
〔17:13〕暗くなってからしかカサゴの反応が無い・・・

日中の数釣りはもう無理かもです。ただでさえ数少ないタケノコが日中釣れなければ・・・もう、根魚類はシビアな釣りになるのかなと。

前日の残念な結果を踏まえ、14時10分から確実に釣れるであろうセコ釣りを開始。ええ、セコ釣りすればちびカサゴが遊んでくれると思ったのですが・・・考えが甘かったようです。

10gのバレットシンカーにサンドワームを付けキャスト。着水後底を取ってからチマチマとリフトフォールで叩きます。

開始早々にアタリ。久しぶりな良さげな重量感で期待するも、セコ釣りで底を叩いているため穴に潜られる恐れがあり、一気にゴリ巻き。で、無事に24cm程のタケノコ君をゲット・・・。
(久しぶりなサイズだったので、メジャーで計測・・・(ノД`))

セコ釣りでもこのサイズ釣れるのね・・・ということで、引続きチマチマやってたら2連続で根がかってタングステンシンカーロスト・・・orz。マジキツイ・・・。

その後、探り歩きながらカーリーテールワームを試してみるも、どうにも相性が悪いのか全く反応がないため、ワームをホッグ系に交換し、数投目でヒット。で、ゴリ巻きで今回もゲット。サイズは25cm程のタケノコ。

これはホッグ系の時代がきたか!とおもい、ひたすら探り続けるも、カサゴを含め1.5時間もの間、魚の反応無し。

薄暗くなってからはカサゴの反応が出だすも、相変わらずの小ささ・・・。17時すぎに8cm位の極小ロリカサゴを引っかけたあとでパルスワームに変更。1時間弱パルスワームで探って見るも、3回つつかれただけでフックアップせず、釣れる気がしない上に、土曜日の夜で人が多いため、18時すぎに終了、撤収しました。

明日は天気が下り坂のようで、早朝凸で終了予定。今回の釣行で、セコ釣りすればよいのか、遠投すればよいのか、何が正しいのか訳が分からなくなってしまったので、今後の方針が立てられないです・・・。

2011年10月30日(日)

ダメですね・・・これは

20111030-1.jpg
立って釣りをするのは絶対に無理・・・座っても怖いよ・・・

前日の記事どおり、夕方は天気が下り坂っぽいので、早朝から根魚釣り・・・。

返り討ちにあって終了しました・・・。

足場の良い方は生命反応無し。日中カサゴ終了の推測どおりです。しかも、タケノコの絶対数が激少っぽい状況において、何が釣れるというのか・・・。
(なんと言いますか、釣れるモンなら釣ってみろ状態ですよ・・・これは・・・orz。辛すぎる。。。)

どうにもならないので、足場の悪い方で座りながら釣りをして極小カサゴを2匹。座りながらでも恐ろしや・・・。

で、帰りにイシグロに寄ってロストしたシンカーを補充し、撤収となりました。

次回は11月3日(木)祝日の突撃予定ですが・・・大きく状況が好転するとは考えにくいわけで、どうすればよいのか悩みます・・・。