たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2011年06月03日(金)

今シーズンの前打ちを開始しました

20110603-1.jpg
それほど苦労せずに、使えるサイズの砂カニをゲット
20110603-2.jpg
さぁ、前打ちのスタートです
20110603-3.jpg
10cm程度の極小カサゴ・・・こんなのってないよ。
20110603-4.jpg
20cm弱程度のカサゴ・・・あんまりだよ・・・。

6月に入ったので、今シーズンの前打ち開始です。
テトラの穴の奥底にエサを落とし込んで引っかけるタイプの前打ちなので、近場でテトラがあって足場がそれなりに良い14号地でしかやらないわけですが、黒鯛の初物はいつ釣れるのでしょうか・・・。

●砂カニ採取
砂カニをほじりに14号地に行く前に寄り道。
周りを見渡すと、前打ちに使える十分なサイズの砂カニが無数に居ます。去年はもっと微妙だったような記憶がありますが、今年は生育が良いのかな。とりあえずは、自己採取で行けそうです。一回の釣行で使い切る20匹超をさくっと調達し、14号地へ。


●14号地で前打ち
平日にもかかわらず、釣り人が数名。前打ちやってる人も見かけたので、黒鯛釣れてるのかな??
昨年の9月以来前打ちをやってないので、操作がまともに出来ず、魚の居るポイントまでエサを落とし込められず四苦八苦。3Bだと沈みテトラに乗ってしまうなど、奥底(だいたい3m弱程度)まで砂カニを落とし込むことが出来ず、全く持って釣りにならないので、4Bの針オモリに。
(活性が良ければ落としてる最中に中層で黒鯛が食ってきますが、まだまだ十分な数が居ないと思われる現状においては、やるだけ無駄と割り切っています)

エサを狙う場所に落とす事が出来て、そこに魚さえ居れば、反応はあります。ただし、片手で数えられる程度しか無いです。しかも併せるのをためらう程の小さい根魚系なアタリしかないです・・・。
黒鯛系のアタリなんてあるわけもなく・・・残念です。

結局、西堤で引っかけるようなサイズのカサゴを2匹だけ掛け、タイムアップで前打ち終了。群れが入ってきてくれれば・・・といったところでしょうか。


●ルアーチヌ
前打ち終了後にボンボンを投げに。結論から言うと反応無しです・・・が、いろいろと分からないことが多すぎな感じ。河口域に限らず、要修行・・・かな。ちなみに、ボンボンでの初ゲットは魚でもなく、地球でもなく、長靴・・・。ヤバイくらいに重かったです・・・。

2011年06月04日(土)

やっぱりまだダメっぽいかな

昨日に続いて、14号地へ前打ちへ。

まずは砂ガニ掘り・・・。
あのぉ、地面がボコボコなんですけど・・・。
釣具屋に卸すのか、自分で使うのか分からないのですが、大きなスコップ(?)で掘り起こして、その土を元に戻さず放置する人の仕業のようです。掘り起こしたら埋めておいて欲しいところですが、まぁ、仕方ないのか・・・。

今の時期なら、周りを見渡すと大きめのカニが目立つので、それを目当てに拾うようにすれば、30匹くらいすぐに確保出来るのですが、(初老の方等)年を取ると視力や反射神経的に厳しいのかも知れません。

で、14号地。人は結構居ますが、魚は居ません。クロ系のアタリはゼロです。居るのはやっぱりカサゴだけで、アタリも根魚系のアタリのみです。今回も極小のカサゴちゃんしかゲット出来なかったので、写真はなしです。(ノД`)

18時30分まで粘ってましたが、南東の風が結構吹いててクソ寒い状況なので、前打ちは終了。帰り際に矢作川河口に寄り道してルアーチヌを30分ほど。

当然というべきか、アタリなんてあるわけなく、今日買ってきたチヌマウス10gをロスト・・・。石や根は無い場所なはずですが、場所的に土嚢が埋まっていた場所に近いので、もしかしたらそれに引っかかったのかも・・・。とりあえず微妙にショックなので、終了・撤収となりました。

結論的には、もう一潮待った方が良いようにも思えてきたものの・・・可能性がゼロで無い以上、凸するしかないという・・・。

2011年06月05日(日)

もう思い残すことはない

20110605-1.jpg
10cmくらいでしょうか・・・う~む
20110605-2.jpg
終盤のパルスワームにて

明るい内は極小~小サイズ、終盤にパルスワームのキャストで20cm弱が5連発。誘い方・攻め方に難ありで数はこれ以上伸ばせませんでしたが、私的にはこれだけ釣れればもう満足。後悔無しに前打ちに移行出来ます。

サンドワームをキャストして探ってる最中、落とし込みの人がクロダイ釣ってるのをみて、うらやましくおもってしまったです。(実際にやりとり&タモ入れしてるのを見たのは今季初。)

来週また頑張ります。14号地が釣れてるなら前打ち、ダメならまだ根魚かなと。前打ち本番の6月中旬まではどうするか決めかねています。

とりあえず、3日分の釣行のため、片付けが面倒だ・・・。ルアーロッドはシャワーで丸洗いすればいいけども、前打ちロッドはちまちまと水を含ませたティッシュで拭き取らないと・・・(´・ω・`)。

2011年06月11日(土)

今季初のクロちゃん来た!!けどロストがキツいー

20110611-1.jpg
ホントにボンボン系の仕掛けでクロダイ釣れるのね(疑ってました
20110611-2.jpg
セイゴまできた。釣れれば何でもOKです。

釣具屋がやたらプッシュしている理由が、改めて分かった気がします。

ルアーチヌのベストな時間帯が分からないので、とりあえず17時から実釣開始。ちょうど開始する際、投げのエサ師が35-40cmくらいのセイゴをゲットしてるのを確認。今日は雨上がりで活性が高いのか!?

前回釣行した際、5g、7gでは軽すぎる感じだったので、先週調達しておいた13gのチヌマウスを投入。慣れないこともあり、ミスキャスト多発ですが、確かに良く飛びます。

攻め方が分からないので、根魚のときみたく、リフトフォールしたり、タダ巻きし続けて50分後、コツッと何かが当たる感触があったので、おりゃっとアワセ。魚の重量感はあるもののそんなに暴れるでもなく、何だろうと寄せたところ本命のクロダイちゃん。サイズは37cm程度ですが、今季初モノゲットです。
(前打ちよりも先に・・・ということで、内心複雑な思いもありますが)

その後も、周辺をキャストで探っていると、なにか魚が乗ったような感触があったので、ゴリ巻きして寄せると・・・正体は25-30cm程度のセイゴちゃん。

リリース後しばらく反応がなくなるも、薄暗くなってからコツコツというようなアタリがあったので、2匹目来た-と思って、思いっきりあわせたら乗らず・・・。前打ちも同じですが、ラインテンションだけ張って、向こうアワセで掛ったのを確認し、その後で念のためのアワセをした方が良かったのかも・・・。


その後は結局魚の反応無く、根掛かりは避けられないわけで、チヌマウスとボンボンがアレの理に導かれて逝ってしまったので、帰りに西尾のイシGロに寄り道。なぜか駐車場が満車・・・恐ろしや。

結局、13gのチヌマウス×2、10g×1、7g×1、7gのジグヘッドを購入して撤収(明らかにいいカモだよなぁ・・・。シーバスと比べれば全然でしょうが・・・、前打ちと比べると・・・(´・ω・`)しょぼーん。)。
もう少しボンボン系の仕掛けを試したら、早くジグヘッドやらOリグやらに移行しないと、お金がいくらあっても足らないような。。。

2011年06月12日(日)

カサゴ後ニゴイ・・・雨はキツいなぁ

20110612-1.jpg
どこでやっても・・・贅沢は言えませんが・・・
20110612-2.jpg
ニゴイちゃん・・・(´・ω・`)しょぼーん

いつもは夕方からの釣行ですが、ルアーチヌもやるため、真っ昼間から釣行となりました。釣行に先立って、朝一からホームセンターで携帯用の虫除けアイテムをゲット。効果あるのかな・・・。

まずは知多半島方面で根魚。
昼から釣れるのか不安でしたが、一応魚の反応はあるみたい。雨が降り出してからのほうが釣れるようになった??
結局20匹程度引っかけてタイムアップ、場所移動。

雨が降ったり止んだり、時折大粒の雨が降ったりと非常に天候が怪しいですが、第2ラウンドのルアーチヌ開始。
潮があんまり動いてないようで微妙な雰囲気が漂ってますが、前日に引続き、13gのボンボン系の仕掛けをフルキャストしてしばらく探ってると、何かがヒット!
重量感が今までになく重かったので、期待して寄せたところ、正体はニゴイ・・・。多分50cm↑はあると思いますが、全くうれしくない・・・。(勝手なモノだな・・・

とはいえ、陸に放置するほど外道ではないので、丁重にお帰りいただき、次を狙うも、雨が本降りになってきたので終了となりました。

次の大潮に向けてとりあえずルアーチヌを頑張りますかね。仕事帰り釣行も検討したいところですが、どうあがいても19時30分現地が限界っぽい・・・嗚呼、名古屋通勤・・・。こうなったらどこかで午後休暇フラグか!?)


2011年06月18日(土)

ある程度の雨ならレインコートでいけますね

20110618-1.jpg
初マゴチちゃんですよ。昨年秋はダメだったので・・・

早朝からルアーチヌでもと思ってましたが、携帯のタイマーのセットを忘れて寝落ちしたため、目が覚めたら5時30分・・・。仕方なく諦めました。

釣具屋のブログ等をみると、大潮前くらいから釣れてる記事を見かけるようになったわけですが、ホントかよ・・・と。(写真が載ってるので真実だとは思いますが・・・疑ってしまいます・・・。)

とりあえず、朝一から西尾のスポーツデポへ。目的はレインコートと折りたたみ自転車です。レインコートは4000円くらいの膝丈まであるものをご購入。自転車は・・・保留です。(アルペンブランドのイグニオのやつも結構よさそうでしたが、重い・・・。)

天気予報が前日と異なり、夕方から雨っぽい予報となってましたが、南知多のほうまで釣行。なにやらマゴチが釣れるらしいです。

開始早々タングステンのシンカーをロストしたので、鉛オモリでリトライ。パルスワームを付けて探ってると、沈みテトラの少し奥でガツンという反応。あわせを入れてゴリまきしたところ、正体はマゴチちゃん。

タモは車に起きっぱなしなので、無理矢理抜こうとするもうまく行かず・・・。水揚げのヘルプに入ってもらい、なんとか陸上へ。基本的に魚は持ち帰りませんが、始めてマゴチを引っかけた&47cm程度でそれなりに身がありそう&南知多まで来てますし・・・ということで、お持ち帰りでキープ。人間が誰も食べなければ、飼ってるお犬様(柴の駄犬・・・orz)のエサにでもと・・・。

その後も相変わらず反応激少。1回程度何かのアタリがあった以外は、クサフグにガルプを囓られるだけ。場所移動後するも根魚などは居ないようで、雨が本降りになってきたため終了となりました。

持ち帰ったマゴチをさばいたところ、卵がでてきたとのこと。ネットを調べると、なるほど6月が産卵期なのですね。(ついでに、40cm↑は全部メスだとか。クロダイと同じなのですね)

2011年06月19日(日)

根魚の反応がいまいちな件

20110619-1.jpg
唯一の20cm↑なのですよ(23cm程のタケノコちゃん・・・)
20110619-2.jpg
インチホグを3個ほど消費・・・再販版はまだか・・・

午前中に友達とサンマルへ。インチホグが入ってればと思った訳ですが、まだ入っておらず、他の消耗品を無駄買いしてきました。
(ルアーニュースのチヌゲー増刊号を買ってしまった・・・何が書いてあるのだろうか・・・)

前日の南知多方面の反応の無さから、午後から手軽に釣れるはずの根魚を狙いに知多方面へ。

が、期待も虚しく・・・反応が乏しい。大潮で反応が良いかと思いきや、逆に微妙なようで、拾いながら釣ってる感じです。

2in以下のセコいワーム(ジャッカルのなんとかドラゴンとか、バークレイの旧版インチホグとか)を投げないと引っかかららないです・・・。(ガルプのパルスワームだと、ちびっ子につつかれるだけです・・・)

長時間やってた割には数は出ず(サイズは言わずもがなですが)、15-20匹程度で終了となりました。

今日の一言・・・、インチホグ、やっぱりヤバいよ・・・。


2011年06月24日(金)

午後休暇でルアーチヌへ行くも撃沈・・・

クソ暑い中4時間ほど。何も釣れないと、正直2時間くらいしか集中力持たないことを改めて実感・・・。超絶のしんどさです。

J2SE 1.4.2 では何とかごまかせていたのに、Java 6 に移行したら Full GC が全然働いてくれずに、(Runtime.execで生成される)ファイルディスクリプタが溜まってアプリケーションが止まってしまう現象の回避策が確認でき、また移行の資料も殴り書きが終わったので急遽午後休暇を取得。

クソ暑い中、16時20分実釣開始で河口域へ。

とりあえず一言。有給とる日を間違えた・・・。タイドグラフを観ると、時間帯的に潮があまり動かないわけで、クロダイの回遊を狙う釣り場なので、どうにもならん。
金曜夜だというのにエサ師やシーバスルアー等の他の釣り人が全く来ないところをみると、皆さん分かってるのかもですね。

とりあえず、19時30分くらいにコツッというちっちゃいアタリがあっただけで終了-。アレの理に導かれてチヌマウスが2つほど逝ってしまい・・・ああ1135円・・・。

根掛るリスクのある場所を避ければ良いのですが、こうも釣れないとそう言うところを攻めないと釣れない気がして、結局ドツボに嵌るわけです。

明日朝一にイシグロ行ってロスト分の13gのチヌマウスを買ってくる・・・が、もう完全にカモですね・・・(´・ω・`)。


<今日の収穫>
ボンボン系のトレーラーにインチホグを使ってみるも、超絶に地味すぎる・・・。インチホグはジグヘッド向きかなと。名古屋市港区のどこぞの釣具屋で、問屋在庫のインチホグ大放出とやらで売ってるらしいけど、チヌマウスの損失がデカイので、再販版を素直に待ちます。

●20110625追記
イシグロ行ったら、13gのやつ残念な緑色のやつしか売ってないとか・・・。仕方なく買いましたが・・・(´・ω・`)

Oリグめんどくさそうなので、3号の鉛オモリとカン付きチヌ針6号でテキサスリグっぽくして使おうかと。シンカー止めを付ければ、実用に耐えないかなぁ。
(鉛オモリをシリコンラッカースプレーで赤色塗装したが、これはどうなんだ・・・)

2011年06月25日(土)

クソ暑い・・・ヤバイほど暑い・・・

20110625-1.jpg
この時期はかほり的な意味でOceanus(時計)の金属バンド部分がヤバイ・・・
20110625-2.jpg
22cm程のカサゴちゃん・・・インチホグでゲットです

昼過ぎから14号地へ前打ちへ。

と、その前に砂カニ掘りのために、寄り道。が、どういう訳かちっちゃい砂カニしか居ません。大きいのが既に取られちゃったのか?

20分くらい徘徊して小型を含め25匹程度は確保できたので、14号地へ。現地は、南風がビュービューで白波が立っており。テトラもぬれて、短竿での前打ちは困難だったため、一時自宅に撤収し夕方から場所を変えて根魚ルアーへ。
(ちなみに、前打ちやってる人はゼロ・・・。投げでキスが釣れるらしく、投げの人は何人か確認。ただ、波が・・・。)

夕方からは知多方面へ根魚ルアー。17時を過ぎているにもかかわらず耐え難い暑さでげんなり。開始一投目から20cm程のカサゴちゃんをゲットできたので、もしやと思ったところ、そんなに甘くは無く・・・反応はポツポツある程度・・・。インチホグで22cm程のカサゴちゃんが顔を出したモノの、一発大物とばかりに、パルスワームで探ってもアタリは無く、セコ釣りじゃないとダメっぽい雰囲気。

結局、19時15分以降魚をゲットすることなく、トータルで10匹程度引っかけただけで終了。潮が悪い中釣れただけマシ・・・かなと思うようにします・・・。

2011年06月26日(日)

強風により、AMの前打ち、PMの根魚ルアー撃沈

20110626-1.jpg
風が強すぎて、ヤバイ
20110626-2.jpg
冗談無しでボウズを覚悟しましたが、何とか回避・・・

釣行記CGIの残念な仕様上、1日に複数の記事をまとめられないので列挙。ともかく、南南東の風が強すぎてげんなり・・・。


●午前の部@14号地で前打ち
自宅周辺でも結構風が吹いてる状況なので、釣りをやらずに撤収覚悟で14号地へ。

現地は案の定風が強い中で、投げ釣りの人多数。チラ見した限りだと、10-12cm位のキスが釣れてる模様。ちっちゃいと嘆いてましたが・・・。

とりあえず、チヌ針4号に4Bの針オモリを付けて開始しましたが、波風で底が荒れているのか、仕掛けが落ちていかない・・・。4B以上に重いオモリを持ってないので、針に2個ガン玉を打って探るとめちゃちっちゃいアタリがあるだけ。潰されてもないので、穴ハゼか極小カサゴか何かかと。

11時前まで粘るも、風を浴びすぎて腹痛が来たので終了、撤収しました。

帰りがけにチラ見した限りだと、投げ釣りでブーブー君(いわゆるゼンメのこと)も釣れてるっぽい。型が大きければ、ゼンメは美味しいですな。キスも美味しいけど、たまにカルキ臭の激しいいわゆるカルキスが残念なのが難点ですが。少なくとも、ブーブー君は根魚やクロダイ、シーバスより美味しい。異論は認めます。(そもそも後者は食べられるのか・・・。チンタやセイゴクラスならまだ安心でしょうけども・・・)

●午後の部@知多半島で根魚ルアー
風裏で何とかならないかとの淡い期待を持って、17時30分実釣開始。・・・が全然釣れない・・・。アタリすら無い・・・。

一匹目が19時前、二匹目が撤収ちょいまえ。

穏やかな日じゃないと、根魚は厳しいです・・・。

帰りに半田のイシグロに寄り道して、タングステンのシンカー(8.8g、10g各1)とチヌマウスの13gをゲット。店内在庫多数だったので、はじめからここに凝れば良かったような・・・。(衣浦トンネル代がネックですが・・・衣浦大橋から回っていくのは大変・・・(´・ω・`)

2011年06月29日(水)

定時退社日なので突撃

しましたが何の反応もないので、21時ちょい前に撤収しました。
スマホ(INFOBAR A01)の発売日ゲットに失敗したっぽいので、明日30日の午後休暇予定は白紙・・・、釣行は土曜日に・・・。


Webをぶらつくと、どうやら復刻版のインチホグが流通しだした模様。J州屋の取り寄せは最小数量がそれなりな数を要求したような記憶があるので、イシGロでグリパン10袋くらい取り寄せお願いしてこようか・・・。が、上記の端末代が一括で6万円台後半とか、気が狂っとる価格設定で、懐事情が厳しい・・・。