たけのこめばるどっとねっと

どうせ釣れないので、暫く釣りにはいきません

2019年釣行総括と2020年の方針

  • 20191228X-1.jpg

新パソコン(ThinkCentre M75q-1)のセットアップと移行がおおよそ終わったため、2019年総括ページを作成、2020年の方針でも殴り書きたいと思います。

2019年の総括ページ


毎年作成してる総括ページ(スライドショー)はこちらからどうぞ。
※画像の関係でそれなりなデータ量(5MB程度)になるのでちょっと注意


2019年のクロダイ釣行


5月下旬から9月中旬までの4ヵ月弱、17回前後の釣行となりましたが、今年は不毛の地こと14号地を断念したのが大きな違いかなぁと。

決して釣れないというわけではないのだけれど、労力に対するリターンがなさすぎる。また、毎年見かけた常連さんも皆無でほかの方も切ってるような気がします。

衣浦(不浄の地)も絶望的に反応がなく、数回で切る結果に。(昨年買った閃技IIの使用頻度もその数回のみに・・・ぐぬぬ)

これら代替としての深淵の地やクソゲーポイント周辺ということになりますが、安定感はまるでなく、またクロダイ狙いの同業者を見ることもなかったので、ガチな方からすれば価値もないカスポイントなのでしょうね。


2019年の淡水小物釣り釣行


2019年は周年、計25回前後の釣行で淡水小物釣りをやってたことになりますが、結局はポイント次第というのがなんとも。想定以上に小物釣りができる場所が限られ、魚もいるところは限られるようです。

一応、真冬でもタモロコやらクチボソが釣れる場所があり、真夏でもタイバラやら小鮒が釣れる場所があるのが分かったのは良いのですが、結局は以前から叩いてる場所の周辺。新たな場所は見つからないものです。

田植えの準備が始まるころから用水路の水量が大幅に上昇し、濁りまくりで魚影の確認が困難なため、さらに開拓も無理な状況に・・・。

2019年は在来のタナゴを探すべく、県外を彷徨うことも考えてましたが、結局面倒なうえにカネがかかるので辞めました。岐阜県各所(岐阜市や大垣市、養老町あたり)は行ってみたいところではありますが、結構な距離もありますしコストもかかるわけで、確信がないとどうもね・・・。


2019年の根魚釣行


酷いことに、根魚狙いの釣行(クロダイ開幕前の前打ちは除くルアー関係ね)はゼロ・・・このサイト名の取り扱いどうすんのさ・・・。

まだロッドやらワームやらは保管してますので、気が向けばいつでも行ける状態ではありますが、さすがに春になるまで無理かなぁと。


2020年の方針


基本的には例年と変わらないと思いますが、2020年のクロダイ釣行では、不毛の地の回数をさらに削り数回程度で終了予定。衣浦(不浄の地)も皆無になる予感。どうせ釣れないのなら、早々から深淵の地やクソゲーポイント周辺、その他を調査して情報を集めたほうが、有用なんじゃないのという話。

淡水小物釣りは周年予定も、県外調査に一度は行ってみたいところ。まぁ、駐車場所の問題や移動手段(小型折り畳み自転車の確保)など課題山積で、そもそも確信もない状況では厳しいですが・・・。(この手のネタは表に出てこないのでどうしようもない)


まぁ、そんな感じで引き続き適当(適切にの意)に続けたいと思います。

コメント
Uガイド竿爺 >
明けましておめでとうございます。久しぶりの書き込みですが毎日チェックしてます。令和2年はどんなクロダイ釣行になるですかね。
くっちー@管理人 >
コメントありがとうございます。
淡水小物釣りばかりで申し訳ないです。(やってみると何気に面白いのですよ・・・簡単に釣れるので)
クロダイは例年どおりの予定ですが、果たして6月からクソゲーポイント周辺や深淵の地で釣れるのか・・・一切情報がないのでどうなることやらです。
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで