たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

Fモデルの竿でどう魚を掛け合わせるのか

  • 20170902M-1.jpg

撤退したはずの不浄の地へ釣行。結果、4時間で反応は2回のみ。1回は針外れ。不慣れもあるが、Fモデルの柔い竿ではアワセが決まらん感じ・・・。

北西強風予報で不毛の地はスケスケじゃないの(台風からのうねりで釣れてたという可能性も微粒子レベルで・・・無いな)ということで、不浄の地へ。

当然といえば当然だが、相変わらずの反応の無さに絶望。

10時間ぶり位でようやくアタリがあり、重量・引き的には45程度のキビレと推測される魚が掛かったものの、アワセが不十分で水面に寄せる際に無様にバラシ。

アワセを入れたつもりだが、何分柔い竿なんで、結局スイープフッキングになってるんではと・・・。

体感では、スイープフッキングで取り込める確率は、鬼合わせぶち込むよりも確実に低いんで、今回のような貴重なアタリをいったいどうすればよかったのか・・・。

ダイワのTモデル相当(BJ 前打ちT-53UM)を買って、ガンガン鬼合わせということだろうけど、現状ではシーズン終盤で、不浄の地に行くこともないだろうから、来シーズンも釣りができる状況だったなら買ってしまうのが手っ取り早い予感。

Fモデルでバラシが少なくなる、少しでも取り込める可能性が高いアワセ方があるのなら、無駄なカネを使わずに済むし、軽量で伸ばしても持ち重り的にだいぶ楽なんで、引き続き使えるのが一番良いのだが・・・。

どうしたもんかねぇ・・・。

場所 不浄の地
日付 2017年09月02日(土)
時間 13:00~17:00
天気
風向 北西
波高 穏やか
潮汐 中潮
釣果 --
タックル 極 前打ち F-53UM
THE 落し込み BAY LIMITED 75
APPLAUD 落とし込みチヌ 2号
グランドマックスFX 2号
鬼掛カニSP 4号
費用 ガソリン代 500円
ロスト ガン玉×3
撮影 --
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで