たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

なぜか大き目のエサが確保できたのだが

  • 20161015M-1.jpg

無駄です。

なぜだかわからないが、ハイシーズン並みの大き目なエサがいっぱい採取できたため、小物釣りじゃなくチヌバリ3号を使って不毛の地で前打ち。

まぁ、居る魚同じなんで毎度と同じ結果ですが。

当たってくるのは小っちゃいチンタ、10cm以下の当歳根魚、最大20cm前後のベラ。くどいようですが、この針じゃ当然掛からん。去年の10月なら25cm前後のチンタが釣れてたんだけど・・・。

そのうちに潮位が上がってきたので場所を移動。釣り人もほとんどおらず、釣れるか釣れないかもわからないが、来年に向けた調査の一環で適当に探ってみたが・・・フグ系のアタリとウロハゼだけ。
場所的にはよさそうなんだけども、やっぱ居ないんすかねぇ。

総括。
釣れないんで、来年のレギュレーション改定に向けた調査でも・・・。基本的な考えは変わりませんが。
・車で30分圏内で釣行コストが最小となること
・コンプライアンス的に問題がないこと
・釣り人が少なく、秩序と民度が保たれていること
・いわゆるガチ勢が居ないこと

衣浦エリアの部分的な解禁になるのでしょうが・・・どうなることやら。

場所 不毛の地
日付 2016年10月15日(土)
時間 11:15~14:15
天気
風向 南西
波高 静穏
潮汐 大潮
釣果 チンタ×1
当歳カサゴ×1
ベラ×1
タックル 14 鱗夕彩 落し込み SP HF36-42
シーマチック68 パワーバージョン
マークウィン 2号
グランドマックスFX 2.5号
費用 ガソリン代 500円
ロスト 前打ち仕掛け×3式
ガン玉×6
撮影