たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

不毛の地のジアイに遭遇も指を負傷…痛い

  • 20160805M-1.jpg
  • 20160805M-2.jpg
  • 20160805M-3.jpg
  • 20160805M-4.jpg

極レアなジアイに遭遇できたが、47cmのクロダイを計測する際にフィッシュグリップで指を負傷。思いもよらないところにリスクが・・・。

8月第1金曜日から安城クソ祭りが開幕し、駅前が忌地化することから例年と同様今年も休暇。午後から南風が吹くようなので、適当に時間を見て不毛の地へ釣行。

南風が吹くのが思いのほか速かったようで、現地到着時にはすでに白波が立ってて濁りが。これは期待ができそう。

ド干潮の時間帯だったため、潮が低い時間帯に実績のある場所をまずは叩いてみたが、波がキツすぎてエサを落とせず。波が全くなくてもありすぎても上手くいかないわけで、仕方がないのでいつもやってる場所に移動して再開。

魚の活性は高くアタリも普通にあるが、サイズが小さいのか、素バリ食らったり、鬼合わせをぶち込んでるにも関わらず針が外れたりとそう簡単にはいかないが、手のひらチョイのチンタでボウズ逃れ後は、不毛の地では今季初の40cmオーバーとなる41cmのクロダイ、35cmのクロダイ、47cmのクロダイをゲット。

この47cmのクロダイが問題で、メジャーシートに乗せて計測を試みたところ、魚が暴れてフィッシュグリップが解放。強く握ったのが悪かったか、グリップのロック部分の突起が右手中指にめり込み(串刺さり?)出血・・・。

ハンドタオルを持ってたので止血して事なきを得たが、微妙に痛いし気が萎える。。。

トラブルからひと段落して再開するも、濁りが少し薄くなり若干活性が下がったようだが、もう一匹手のひらチョイのチンタを追加し、再度40オーバーの魚が掛かったが、首振られてハリス切れで終了。

セコく探ってることとテトラに星形の貝などが付着してることから、2.5号ハリスを使ってても普通に切られるわけで・・・。


まだ続ければ釣れそうではあったが、潮位が高くなって(波もあるので)探りにくいことから、未開の地へ移動。

期待に反して未開の地はイマイチな状況で、当歳チビレの猛攻で速攻でエサを食われ、手のひらチンタが掛かっても針外れが続き、釣果を得られずにエサ切れで終了。


総括。
鬼合わせをブチ込んでるにも関わらず針が外れる・・・どうすりゃいいんだろうか。針サイズ下げるか、別のメーカの針を検証してみるべきか・・・。

場所 不毛の地
日付 2016年08月05日(金)
時間 13:30~16:30
天気
風向 南強風
波高 ザブザブ
潮汐 中潮
釣果 クロダイ×3(47cm、41cm、35cm)
チンタ×2
ちっちゃいカサゴ×1
タックル 14 鱗夕彩 落し込み SP HF36-42
シーマチック68 パワーバージョン
マークウィン 2号
グランドマックスFX 2.5号
費用 ガソリン代 500円
ロスト チヌバリ×1
4Bガン玉×6
撮影
場所 未開の地
日付 2016年08月05日(金)
時間 17:30~18:45
天気
風向
波高 少しあり
潮汐 中潮
釣果 --
タックル 14 鱗夕彩 落し込み SP HF36-42
シーマチック68 パワーバージョン
マークウィン 2号
グランドマックスFX 2号
費用 ガソリン代 300円
ロスト チヌバリ×1
4Bガン玉×4
撮影 --