たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

再度のレギュレーション違反(衣浦)で年無しクロダイ!!

  • 20160531M-1.jpg
  • 20160531M-2.jpg
  • 20160531M-3.jpg
  • 20160531M-4.jpg

前回良型キビレが釣れたレギュレーション違反ポイントを引き続き調査しましたが、やっぱり不毛の地とは次元が違いすぎる・・・。

手持ちの仕事が片付いたため、前日に申請出して休暇。潮汐が微妙なことこの上ないので、調査と割り切ってレギュレーション違反である衣浦方面に釣行。

雨の影響もあってかそれなりな濁りが入ってて悪くはなさそう。前回の釣行時で探り方は何となく理解したので、とりあえずは探り歩いてみることに。

開始後1時間超はエサ取り含め一切反応はなかったが、潮目が近づいたのが影響してか、かなり痩せてる37cmのクロダイをまずゲット。魚のアタリは小さく、歯で噛んでるだけのようで、タモ入れ時点で針が外れててたり。

これ以降、頻繁では無いがポツポツと反応はあるものの、総じてアタリは小さく、鬼合わせをぶち込んでも掛かりが悪くバラシも。

まずは40cm位のキビレを針外れでバラし(針先が曲がってたので間違いなく歯にかかってただけ)、28cmのキビレ(チビレ)をひっかけてリベンジ後に、前述のクロダイと全く同じ個体を1時間後にゲット。こんなこともあるんだね・・・。

12時を過ぎたため帰ることも考えたが、不毛の地と違いエサ取りもおらずエサが全然減らないし、体力的に夕方からの釣行はさすがに無理なため継続。

潮どまりもあってか反応が遠のいたが、潮が下げ始めた頃に42cmのキビレをひっかけ、35cm位のクロダイを針外れでバラし。ラインを出さずに引っ張り合いしてたら反転されて・・・。ヘタクソだから仕方ないね・・・。

バラシからそんなに時間があかずに微妙なアタリがあり、バラシの反省を踏まえ、鬼合わせをぶち込み、適度にラインを出して(ドラグで勝手に出て行ったのもあるが)やり取りした結果、なんとか自身初の年無しサイズなクロダイをゲット。

暑さに加え、釣りをやってる時間が6時間を超えると立ってるのもシンドイうえに、南風で波立ち始めても反応がなかったことから、16時に終了。


総括。
正直、もやもや感というか、なんというか・・・不毛の地とはいったい・・・。

この釣りは回遊依存でしかないので、今回はたまたま良いタイミングに当たっただけなのだけれど、衣浦というエリアが不毛の地と比較して根本的なポテンシャル、要は次元が違いすぎる。(前回のキビレを含め)

衣浦はレギュレーション違反(自分の中で設定している縛り)ですし、今後も安易に逃げる気はありませんが、なんだかねぇ・・・。

場所 不浄の地
日付 2016年05月31日(火)
時間 09:30~16:00
天気
風向 西後南
波高 穏やか
潮汐 長潮
釣果 クロダイ×3(50cm、37cm×2)
キビレ×2(42cm、28cm)
タックル 14 鱗夕彩 落し込み SP HF36-42
シーマチック68 パワーバージョン
マークウィン 2号
グランドマックスFX 2号
費用 ガソリン代 700円
ロスト 前打ち仕掛け×3式
チヌバリ×5
3Bガン玉×10
4ガン玉×3
撮影