たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

有給の不毛の地・・・極小チンタが釣れたけど

  • 20150522M-1.jpg
  • 20150522M-2.jpg

先の大潮から近場でもチンタが釣れ始めたっぽいことから、有給をブチ込んで調査。釣れもしないわけで、どう考えても愚行。

1か月ちょいのタスクがほぼ片付いたため、有給を取得。目覚ましをかけなくても6時過ぎに目が覚めるという残念な状況も、適当に時間をつぶして道中砂カニをほじりつつ、11時30分頃から開始。

現地はうっすらと濁りが入っている程度。とりあえず探ってみたが・・・2時間弱反応がない。

厳密には1か所チンタくさい怪しいアタリがあるも、あまりにアタリが小さく、合わせるタイミングを失い、そのうちに餌だけとられれて終了。クロソイでボウズ逃れはできたけど・・・。

次第に南風が強く吹き始め、波で濁りがはいり良さげな雰囲気・・・なんだけど、どこもかしこも海草がまだまだ茂ってて釣りにならん。波で海草が煽られ、落としたカニが引っかかってのまれる。

仕方がないので妥協して探ってると、カサゴやらちっちゃいチンタやらがぽつぽつと。チンタは秋に釣れるような極小サイズだったが、現実逃避釣行なんで、釣れりゃなんでもいいんだよ。

ちなみに、終盤にひっかけたカサゴは不毛の地ではレアクラスの23cmちょいくらい(手尺測定)。当歳カサゴみたいなのしか居ないけど、極稀にこんなのもいるということか。

疲労等で足元がおぼつかないなか、結局餌切れまで5時間30分ほど粘ってみたが、他にチンタのアタリなんてあるわけもなく終了。不毛の地に魚は居ないので、当然の結果かと。


場所 不毛の地
日付 2015年05月22日(金)
時間 11:30~17:00
天気
風向 北西後南
波高 静穏後波あり
潮汐 中潮
釣果 チンタ×2
カサゴ×6
クロソイ×1
タックル 14 鱗夕彩 落し込み SP HF36-42
シーマチック68 パワーバージョン
マークウィン 2号
グランドマックスFX 2号
費用 ガソリン代 500円
ロスト 前打ち仕掛け×2式
チヌバリ×3
4Bガン玉×8
撮影