たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

台風前の前打ち&根魚釣行…野良猫に魚を略奪された件

  • 20141011M-1.jpg
  • 20141011M-2.jpg

折角の3連休なのに、先週に引き続いてまた台風だそうで。

海の状況から、連休中の釣行は今日だけな予感なため、不毛の地で前打ち後に死の海吉良方面で根魚ルアーという負のダブルヘッダーを計画。当然ですが釣れるとは思っていません。

なぜ釣れない場所に行くのか・・・。釣れる釣れない云々よりも、胸糞悪くなってまで釣りしたくないからだよ。そうなると、胸糞悪くさせるような層の釣り人が居ない過疎った場所に行くしか無いじゃないか・・・(南知多で釣りができる精神が理解出来ません。胸糞悪くさせる側の方なら、なにも感じずに釣り出来るんでしょうが)


ということで、まずは不毛の地で前打ち。前回の釣行時にエサ取り用のスコップが破損したため、ハンディショベルを購入して今回投入したところ、作業効率が激アップ。税込で1700円前後という費用が掛かってしまったとはいえ、もっと早くから採用すべきでした。

エサを採取後、正午頃より開始するも速効でクサフグの餌食になり、結局2時間ちょいで35挽き前後の砂カニが終了。

生命反応と言えばクサフグやカニの襲撃に加え、当歳チンタが当たってくるくらいで、チヌ針3号ではまともに掛かりません。結果的には10cm前後の当歳チンタを5匹、25cm前後を一匹バラしという結果に。

当歳しか居ない雰囲気が漂っており、釣りとして面白いかと言われると微妙なところですが、エサの消耗ペースも考えると、モエビを買って、かつ期待せずにやるのがよさげということで、今後どうするかは別途検討します。


エサ切れで帰宅後、遅い昼食の後に吉良方面へ出発し根魚ルアーへ。14号地(の帰る時間帯)はそれほどでも無かったのだが、台風の影響か、南東の風がそれなりに強く吹いており、ザブザブと波立ってることから、今回も釣れる気がしない風裏ポイントへ。

ジグヘッドにメバル用のちっちゃいワームをつけてボトムちょい上を引いてると反応・・・も正体は申し訳なくなるような極小タケノコ。反応があったのは初めだけで日没後まで反応なし。

反応がないため底を意識して叩くしかない事から、根掛かりロストによりカネドブで虚しくなってきたため、高浮力ワームなバンザイ太郎をちぎってつかったところ、爪の部分の浮力のおかげか期待通り根掛かり率が低下。加えてしばらく無かった魚の反応が・・・。

大きくはないけども、(ここでは)貴重な魚なため、慎重に寄せて水揚げしたところ、17,8cm程度のカサゴであることを確認・・・した瞬間、背後で待機していたにゃんこ先輩(野良猫)がジグヘッドが着いたままの魚を略奪して逃走。で、テトラの奥に持ってかれてラインブレイク・・・。ジグヘッド飲み込んでなければ良いのですが・・・。


総括。
当歳チンタ釣りもつまらなくはないのだけれど、徐々に近場の根魚釣りを増やしていきたいと思います。


場所 衣浦14号地
日付 2014年10月11日(土)
時間 12:00~14:15
天気
風向
波高 少しあり
潮汐 中潮
釣果 当歳チンタ様×5
カサゴ様×1
クサフグ×2
(全リリース)
タックル 鱗夕彩 落し込み SPECIAL HF36-42Z
シーマチック68 パワーバージョン
マークウィン 2号
グランドマックスFX 2号
費用 ガソリン代 600円
ロスト 前打ち仕掛け×2
3Bガン玉×4
4Bガン玉×6
チヌ針×1
撮影
場所 吉良方面
日付 2014年10月11日(土)
時間 17:00~18:15
天気
風向 南東強め
波高 ザブザブ
潮汐 中潮
釣果 当歳タケノコ様×1
(リリース)
カサゴ様×1
(ネコにより略奪)
タックル Lunakia magnam LKM82M
12 Vanquish C3000SDH
費用 ガソリン代 850円
ロスト ジグヘッド×4
撮影 --