たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

終わりの始まり・・・なのだろうか

  • 20140831M-1.jpg

今日も懲りずに不毛の地へ釣行。
この時期はエサの採取が困難なため、30分以上ウロウロして必要数分を確保も・・・基本的にちっちゃすぎて絶望。しばらくするとまた復活する(はず)なので、しばらくは時間をかけて探すしかないですが・・・。


現地はほどよい南風とニゴリで状況は良さそうなのに、開始後反応が無い件。開始から一時間ちょい経過後にやっとアタリがあり33cm(計測)の黒鯛様をゲット。(クサフグのアタリは至る所であるけど・・・)

その後も希に反応があるも、(電撃合わせをぶち込んでも、某ロマサガ2の流し切りと同様、完全に入ったと思いきや、実態は完全に入ってないわけで)針がかりが不十分でばらしたり、四方をテトラに囲われて出口の無いような場所を叩いて重量的に30ちょいクラスを掛けても、当然ゴボウ抜きできる訳もなくハリス切れとか、そんなの多数。

時間帯により波風が強くなり探りにくいことこの上ない状況も、17時30分頃から再度活性が上がってきて、38cm(計測)のクロダイ様や、アベレージサイズのチンタ様、ちっちゃいカサゴ様などをゲット。当然、ここでもチンタを数回ばらしてますが・・・仕方ないね。

18時30分にはだいぶ薄暗くなりラインが識別困難となったため終了。


総括
たまたま群れの回遊があったのか、落ち前の荒食い的な行動なのか不明であるモノの、ばらしたのを含め重量的に30~35位の反応がこれまでになく有ったような。昨今にない傾向なため原因など判断に苦慮しますが・・・終わり始まり・・・ということで、また来週頑張りたいと思います。

場所 衣浦14号地
日付 2014年08月31日(日)
時間 14:40~18:30
天気
風向 南東→南東強
波高 少し→白波
潮汐 小潮
釣果 クロダイ様×2(38、33cm)
チンタ様×1
カサゴ様×2
(全リリース)
タックル 鱗夕彩 落し込み SPECIAL HF36-42Z
シーマチック68 パワーバージョン
費用 ガソリン代 600円
ロスト 前打ち仕掛け×3
4Bガン玉×10
チヌ針×2
撮影