たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

Remember ONIAWASE...

  • 20140825M-1.jpg

振替休日による三連休最終日。

釣具屋のアオリイカ煽りが始まったこともあり若干気にはなりますが、アンチエギングを心がける身としては逝くわけもないし、ポイントに近寄る事さえも禁忌事項となります。


<このサイト内におけるエギングに関する補足>
本件ネガティブネタを多く含んでおりますが、以下4項が全てです。
・素人がやってそう簡単に釣れるものでもない
・しゃくったりフォールさせたりと、釣りとして何が面白いのかさっぱり分からない
・余裕の根掛かりでエギ1個800円前後のカネをドブに捨てる
・何よりも人混みが耐えられない上に、なぜかガラの悪い層が目立つ

結論的には自分に全くもって適合しない釣種なだけですが、避けるしか無いでしょ・・・(ノД`)。

チヌゲーをクソゲーと呼称しているのは、カネドブではあるモノの(クロダイ釣りの一種として)認めているからであって、エギングだけはマジで無い。


ということでネガティブキャンペーン(!?)はこれくらいにして、午前中から不毛の地で前打ち。微風、たまに西風で海は透け気味。気温が若干ひくいとはいえ、生き地獄。

今回は潮の低い時間帯は釣れる気がしない場所を叩いてみることに。開始後1時間は全く反応無し。無難に探れる場所でやっときゃよかったと後悔。

その後も探り続けることで、まれに反応が出るように。が、全く掛からん。よさげな重量感(感覚的に35cm前後クラス)のが掛かってもやりとりの最中に余裕で針が外れる。しかも2回。辛い・・・。

反応は一応あるのに一匹も掛けられないとか、さすがに焦ってきたので、ダメもとで鬼アワセをする方向に変更。
(基本的に、完全に重みが乗るまでは聞くだけだったり、掛かった後もアワセが甘いのはスイープフッキング(?)が原因なのは分かっているのだが・・・)

当然スカもでるけども、功を奏してかアベレージサイズの手のひらちょいのチンタを4匹ほど引っかけ、エサ切れにより4時間超の釣行は終了。


<悲報>
この大潮から不毛の地にもクサフグが入ってきた模様。エサがおちょぼ口でえぐられたように食われたり、針を残して回りだけ食われてたり。これは、まいったね。

場所 衣浦14号地
日付 2014年08月25日(月)
時間 10:00~14:15
天気
風向 西微風
波高 静穏
潮汐 大潮
釣果 チンタ様×4
カサゴ様×2
(全リリース)
タックル 鱗夕彩 落し込み SPECIAL HF36-42Z
シーマチック68 パワーバージョン
費用 ガソリン代 600円
ロスト 前打ち仕掛け×5
4Bガン玉×12
チヌ針×3
撮影