たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

温排水の黒鯛狙い…釣り方分からん

  • 20140317M-1.jpg
  • 20140317M-2.jpg
  • 20140317M-3.jpg

先週の段階で週明けの17日、18日は気温も高く風も弱そうな予報だったことから、リフレッシュ休暇(夏季休業等が無いことから6日分の休暇を任意の時期に取得出来る休暇)を取得。が、18日が雨予報になっとるがな・・・呪われとるな(´・ω・`)。


ということで、リフ休初日は温排水乗っ込み黒鯛狙いに初挑戦。


エサは何が良いのか分からないため、道中イシグロに寄ってボケを10匹ほど購入。仕掛けもどうすりゃいいのか分からないため、適当に三叉サルカンに3号のナスオモリと70cm位のハリスをセットし、ぶっ込んで仕掛けを水流に流す感じに。

結果は当然惨敗。それっぽいアタリが2回ほどあったのだけど、あわせても乗らずにエサをとられただけ。ボケでボラが2匹釣れたこともあり、ボラだった可能性も・・・。正直なところ、テトラの前打ち(というか、穴打ち)しか黒鯛の釣り方を知らない自分には、温排水の釣りは敷居が高く、訳が分からない


ちなみに周りの様子はというと・・・13時からの3時間については、釣り場には常時20人超の釣り人が入れ替わり立ち替わりな状況。多くが常連(平日日中だから当然だろうけど)のようで、トータルで6匹程度水揚げされた模様(そのうち2名が複数枚掛けてたけど・・・身なりからも識別できるけど、かなりの熟練者だわさ・・・)。


仕掛けについては、三叉サルカンを使うかどうかは別として(大抵は使ってないっぽいが)、仕掛け自体はナスオモリとハリスがあって、三叉キャロのようなもので良いみたい。

エサはモエビ使ってる人、カニ使ってる人、貝を使ってる人などいろいろおり、何が正解なのか不明で、温排水の流れを利用して、エサをスリットの間に通してるように見えたのだが・・・。適当にぶっ込んで、仕掛けを流せば良いというものでは無いのは確定的に明らかか。

中でも重要なのは上述のとおりスリットがあって、かつ正体不明な泡の影響を受けにくい場所(要は常連が密集して釣ってるような場所)が良いみたい。空いてるということは釣れる可能性が低いということなのでしょう。


これ以上続けても全く釣れる気がしないことから、夕マズメにあわせて南知多の三河湾側へちびタケノコ釣りへ移動。

ちっちゃいオフセットフックにサンドワームを付け、0.8号のナスオモリのダウンショットで開始。明るい内は当然反応が無かったのだけれど、夕マズメの10分くらい限定で高活性に。ただし、どれもこれも小さく、当たっても乗らなかったり、寄せてる最中にばらしたりという感じだけども、無事3匹ゲット。

日没後はマズメ時の高活性が嘘のように、まったくもって何の反応も無くなるわけで、1.5号のナスオモリで遠投を試みると速攻で根がかってロスト。やっぱり0.8号がボーダーっぽい。方針を変えてジグヘッドでやっても、何の反応も無くつまらないため終了、撤収しました。


総括。温排水の釣りはまた機会があれば行くカモですが・・・休日だと稚鮎の密漁者(漁業権を持ってない遊漁者の場合)も加わり、人がとんでもないことになりそうなので・・・無いかな。早く14号地で前打ち黒鯛開幕しないかなぁ・・・まだ2ヶ月以上先だけど・・・。(´・ω・`)


場所 温排水
日付 2014年03月17日(月)
時間 13:00~16:00
天気
風向 南東
波高 静穏
潮汐 大潮
釣果 ボラ×2
タックル 鱗夕彩 落し込み SPECIAL HF36-42Z
シーマチック68 パワーバージョン
費用 ボケ10匹 525円
ロスト --
撮影
場所 南知多
日付 2014年03月17日(月)
時間 17:30~19:30
天気
風向 南東
波高 静穏
潮汐 大潮
釣果 タケノコメバル×3
タックル Lunakia magnam LKM82M
12 Vanquish C3000SDH
HARDCORE X4 0.6号
費用 ガソリン代 1200円
衣浦トンネル往復 455円
ロスト ダウンショット仕掛け×3式
ジグヘッド×1
撮影