たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

佐久島の小物釣りで癒される(改訂版)

  • 20131101M-1.jpg
  • 20131101M-2.jpg
  • 20131101M-3.jpg

短納期のお仕事が無事(?)リリースされました。
無能なのも相まって、10月も時間外が90時間を超えてしまいました・・・。カネにはなるけど、11月以降暇になるな・・・。

ということで、天気予報などを考慮しつつ、11月1日に有給をぶち込み4連休。ただ、日曜日は雨で、月曜日は風が強いと思われるので、釣りに逝けるのは金・土くらいでしょうか。

県内で最も金が掛らないであろう離島へ現実逃避釣行するため、11時30分の渡船で佐久島へ。いくら平日だからといっても、人が居なすぎる件。西港に2名、釣りセンターに1名、東港に1名釣り人が見えただけ。あかん。

今回の目的は萌えびでチンタ釣り。極力邪魔な荷物は持ち込みたくないため、クソゲーロッドはなしでUガイド竿だけで探る事に。そのため、水深のある釣りセンターではなく、一部で話題になってた大浦海水浴場のテトラ帯で前打ち。
(※前打ちで狙える範囲でデカイタケノコなんてつれるわけねーべ)

到着後しばらくは潮が低すぎて釣りが困難だったが、ちっちゃいクジメの反応がそれなりに。というか、20cm前後のちっちゃいクジメか、ちっちゃいムラソイ(10cm以下)くらいしかおらん・・・。

潮が動いて潮位が高くなると、本命のチンタ様(当歳のロリチンタと、27cm前後のチンタ)が顔をだして無事ゲットも、後が続かず。木っ端グレなんかにも遊ばれ、つまらなくはないものの、萌えび終了。


まだ帰るには早いため、予備で持ってきたイシゴカイを使って東港の敷石帯でタケノコ釣り・・・のはずが、タケノコが全くおらず、木っ端グレが夕マズメと相まって高活性・・・。


結局、クジメ×8前後、ムラソイ×4前後、チンタ×2、メバル×1、アナハゼ×1、木っ端グレ×15前後、タケノコ×1 という小物釣りで終了。現実逃避釣行としては、釣り人もほとんどおらず、天候もそれなりによく、良い感じでした。


さて、連休2日目の明日は14号地の予定。カネの掛からない釣りを目指す自分としては、すばらしい限り・・・ですが、釣れるのかね・・・。

場所 佐久島 大浦海水浴場
日付 2013年11月01日(金)
時間 12:20~17:30
天気
風向 北西微風
波高 穏やか
潮汐 中潮
釣果 チンタ×2
クジメ×8前後
など小魚×多数
タックル 鱗夕彩 落し込み SPECIAL HF36-42Z
シーマチック68 パワーバージョン
費用 佐久島渡船 1600円
ガソリン代 750円
モエビ・石ゴカイ 1000円
ロスト 前打ち仕掛け×4式
胴付き仕掛け×1パック
撮影