たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

またまた惨敗…チンタ含め14号地にクロダイ居ないんじゃ

  • 20130727M-1.jpg

潮止まりから夕マズメに掛けて14号地で前打ちするも、完全にお手上げ状態。

実績のある200m程度を往復ひたすら穴打ちして叩くも、ひったくるようなアタリとコツコツ系のアタリが2,3回あっただけ。(いずれもあわせたけれども素針を引いただけだが、正体はおそらくちっちゃいチンタ。)

途中アタリも何も無く急に重くなったので、アワセをぶち込むもびくともせず。竿をブチ曲げて強引に寄せようとしても、根魚が穴の奥に入っていくような感触があるだけ。やりとり中に嫌がらせのように何度も電撃合わせをぶち込んでも、ラインテンションなくしてもうんともすんともいわず、苦闘(?)の末にテトラで1.7号のハリスが擦れてラインブレイク。

ちなみにこの反応は今季2回目なわけだが、多分タコじゃないかなと。衣浦あたりでも釣れてるらしいし、仮にクロダイだったなら掛かったら走るので選択肢から除外される。

まぁ、仮に水揚げ出来たとしても、そもそも食えないので要りませんが・・・(ノД`)

で、撤収間際にお情け程度の極小のカサゴ様が釣れただけで、そのほかは全くの無反応状態。よく見かける常連さんが発見できず、また周りの前打ち師の状況も(遠すぎて)釣れてるのかどうなのか不明なため、ヘタクソな自分が持ってる情報だけで判断するのはおかしな話しなのですが・・・少なくとも先々週のようなことはもう起こらないだろうなということは確信しました。

要するに・・・例年と同じヘタクソには釣れない本来の14号地に戻ったということです。


明日も釣れる可能性が低い上に、潮位的に砂カニの自己採取が微妙で、代替の岩カニ自己採取は超絶にメンドクサイ・・・。エサ屋で買うのはカネがもったいないのでお盆以降にとっておくとして・・・辛い。

そうまでして釣れない釣りする意味があるのかと傍目には見えるのでしょうが・・・まぁ、この辺は価値観次第だから、仕方が無いね。


場所 衣浦14号地
日付 2013年07月27日(土)
時間 15:00~19:00
天気
風向 西
波高 あり
潮汐 中潮
釣果 極小カサゴ様×1
タックル 鱗夕彩 落し込み SPECIAL HF36-42Z
シーマチック68 パワーバージョン
費用 ガソリン代 600円
ロスト 針オモリ×3式
ガン玉×6前後
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで