たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

安定の14号地・・・やっぱり甘くは無いです

  • 20130714M-1.jpg
  • 20130714M-2.jpg

前日に続く不安定な天気で釣行できるのか怪しかったものの、雨雲レーダーを見る限り、15時前後には雷雲も通過したようなので準備して強行。

で、砂カニを自己採取後、毎度の14号地へ。

逝く前から危惧していたことではありますが、前日より西よりの風が吹いていたため、完全にスケスケ。前日よりも更に酷い透け具合で、正直無理っぽい・・・。

いつもの場所から開始し砂カニを送り込むも、案の定と言うべきか全然反応が無い・・・。釣れん、無理だとブツブツ文句をいいつつ、30分ほど探り歩いて待望のアタリがあったので、電撃合わせ(?)でチンタ様をゲット。

リリース後、極小ムラソイ様、手尺計測で22,3cm程の14号地では良型な部類のカサゴ様をゲットするも・・・前日まで反応が少なかった根魚類がなぜ釣れるんだろうか。そもそも、根魚類が掛かるとハリスがボロボロになって使い物にならなくなるので、クロダイ狙い中は勘弁して欲しい存在です。。。


また1時間ほど反応のない時間が続くも、なんとか2匹目のチンタ様をゲット。その後、先ほどほどではないものの、またカサゴ様をゲット。

19時前の夕マズメに一時的に魚の活性が良くなるも、舐めプしてたせいか、タモ入れ時にチンタをバラしたり、電撃合わせ(?)がスカったり散々な状況。


これが本来の、安定の14号地・・・という事なのでしょうが、総じて食いが浅く、魚の目の前にエサを送り込まないと、口を使ってくれないような状況のようです。

実際、引っかけたチンタも唇の薄いところに掛かってるだけだったり、カニが潰されたのが数回あるもどれも弱々しかったり、途中電撃合わせ(?)をして、それなりに大きそうなヤツが掛かるも速攻で外れたりと・・・。


とりあえず、明日は三連休最終日の海の日で休みですが、北西の風の予報がでててニゴリが入るとは思えないし、カニの自己採取が潮位的に厳しそうだったり、体力的にしんどかったりと、多分釣行は断念の予定。来週の週末にまた頑張りたいと思います・・・。

場所 衣浦14号地
日付 2013年07月14日(日)
時間 16:00~19:00
天気
風向 西風
波高 静穏
潮汐 小潮
釣果 チンタ様×2
カサゴ様×2
ムラソイ様×1
タックル 鱗夕彩 落し込み SPECIAL HF36-42Z
シーマチック68 パワーバージョン
費用 ガソリン代 500円
ロスト 針オモリ×4式
ガン玉×4前後
撮影