たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

3連続完全試合は回避するも・・・

  • 20111229a-1.jpg
  • 20111229a-2.jpg
  • 20111229a-3.jpg

何とか回避できたものの・・・冬の釣りはぬるくないので辛いです。

天気予報を確認すると、北西の風が吹くようなことが書かれていたため、やむを得ず南知多方面へ。

16時から開始するも、海は透けまくりで、しかも速攻で仕掛けを根掛かりロストしてしまったため、ダウンショットで穴釣りを決行。

数カ所目の穴で大望の魚の反応が有り、引っこ抜いたところメチャ細いタケノコ(計測したところ23cm)。何とか完全試合を回避するも、その後反応無く撃沈。

場所移動後に12cm程度のちびカサゴ、19cm程度のタケノコ、12cm程度のタケノコをゲットし、潮止まりで反応が無くなり終了・撤収しました。


釣行ネタはこれ以上書きようがないため、少し進捗のあった(?)次期ロッド検討の続きでも少し。

早朝から一色のさかな広場に行き、帰ってきてから別件で熱田方面へ。23号の和泉インターが開通して、名古屋方面に行くのが超便利になりました。まぁ、それはともかく、帰りに遊の名古屋南店へ。

エギ竿やら、シバス竿やら、次期ロッド選択の参考にするべく物色してると、ゼナックのシバス竿のプレジール(DP83 Bay Walker)に惹かれてしまったです。。。

手にとって少し振ってみたところ、なかなかよさげな感じが。ランスマンのクロダイモデルをもう少し長くして、もう少しシャープにして、もう少しガイドがでかくなった感じ。一応シーバスロッドのカテゴリになってるようですが、クロダイをはじめ、根魚など汎用的に使えそうな感じが。

製品の素性が分からないため、店内にてケータイでゼナックのサイトを見てみると、解説文は次のとおり。やっぱり汎用ロッドとしても使えそう。

港湾、運河、中規模河川・河口エリアは勿論、漁港や小磯とプレジールの中では最も使用頻度が高い8.3ft。メイン対象とするシーバスのアベレージサイズは40~70cmクラスと幅広く、フィールドテストでは、80~90cmクラスのランカークラスでも十分対応可能である事を実証。比較的小さなルアーを用いたテクニカルなスタイルから、15g前後のルアーを用いたウェーディングスタイルまでカバー可能な汎用性は「いろいろなスタイルを、気軽に楽しみたい」というアングラーに、まずはお勧めしたい1本。

選択肢としては非常にビンゴなのです。ただ、展示品な上に、リールシートが廃盤になってるモデルなので、ブランクス自体を含め、何時製造されたモノかも分からず、いくら安くなっているとはいえ、正直躊躇。
(かといって、グリップ部分の新しいのを取り寄せて貰うにしても、ゼナックは原則定価販売っぽい雰囲気ですし、このロッドの設計もさすがに古そうな感じみたいなので、どうなんだろうと。)

続いて、ラストに明日の予定。

風次第ですが、強風の場合は明日は釣行しないかも。南知多まで行ってこのざまでは、なんだかモチベーションが維持できないです。当初の予定だと、明日は尾鷲のほうでボート根魚かもという事でしたが、ボート屋の予約状況をWebから確認したところ、既に予約で埋まっていたため断念せざるを得ない形に。仕方が無いですな。。。

場所 知多半島(南知多)
日付 2011年12月29日(木)
時間 16:15~21:00
天気
風向 北西
波高 静穏
潮汐 中潮
釣果 タケノコメバル×3(最大23cm)
カサゴ×1
タックル Lancement LANS-710黒鯛
06 Sephia 2500SDH
費用 衣浦トンネル回数券×2 他
ロスト タングステンバレットシンカー×3
スリムシンカー×3
鉛オモリ(ホゴ)×2
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで