たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

現実逃避釣行で辛い現実を味わう

  • 20110929-1.jpg

足場の良いほうで、ちっちゃい根魚をセコイワームでセコ釣りして、いっぱい引っかけたいだけなのにこの現実。どこに逃げれば良いのですか・・・(´・ω・`)

真っ昼間の13時45分から実釣開始。海水の色が赤褐色で状況悪そうという予感がしたわけですが的中。

激セコサンドワームで底をツンツンしても、反応が激少な上に、当たったと思ったらちびっ子でフックアップしません。

夕方になっても大して状況改善もなく、まれにちびっ子がつつきに来るだけ・・・つまらん。。。

長時間を掛けてちびカサゴのゲット数が10匹を越えた(相変わらずの10-18cmの1年、2年生サイズしかいません)ので、3.2インチパルスワームで探ってみるも、全く持って反応無し。時期的に潮位が高くなるため、18時20分頃には波で堤防上に海水が入り込んできて、撤収時に足首までズブ濡れ。この時期の釣行は注意しないといかんのでしょうか。

ちなみに今回の釣行はシンカーのロストも大量。タングステンのバレットシンカーが3つほど逝ってしまった・・・。あまりに反応が無いのでスローな釣りになり、根がかり頻発で終了というパターンです。(途中鉛に変更するも、魚の活性の悪さと操作性からやっぱり戻ってロストする始末・・・)

明日は仕事なので釣りは行きませんが、午後から雨らしい。で雨の後は寒くなるとのことで、いよいよ根魚が本格化するのかもしれませんが・・・セコ釣りも数釣れないと虚しいだけなんだよなぁ・・・。

場所 知多半島(衣浦)
日付 2011年09月29日(木)
時間 13:45~18:20
天気
風向 南東
波高 静穏
潮汐 中潮
釣果 カサゴ×10(最大18cm程度)
タックル Lancement LANS-710黒鯛
06 Sephia 2500SDH
費用 衣浦トンネル回数券×2
ロスト タングステンシンカー×3
鉛オモリ×1
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで