たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

花火よりもルアーチヌですよ

  • 20110723-1.jpg

早朝からジグヘッドでクロダイを狙いにいく予定が、結局起きられず、太陽が昇りきってる9時45分から実釣開始で某所へ。

適度な風が吹いており、気温もメチャ高ではないこともあり、釣りが出来ないほどではないですが、やはり暑い・・・。

3.5gのジグヘッドにインチホグを付けてで探るも、飛距離がイマイチなため、5gのに変えて探り始めると速攻でロスト・・・。まぁ、こんなモンだわな。

続けても目当てのクロダイからの反応は無さそうなので、河口ポイントへ移動。(ちなみに、マハゼは目視で確認。それなりに大きそうなのもいたので、小さいハゼ針にガルプ系のワームを付けたルアーハゼは成立すると思います。)

で、河口ポイント。目的は台風の影響調査です。まずは先週竿を出したポイントを様子見・・・濁りは入ってるけども、水位が高くて釣りにならないというような状況ではない。

つづいて、河口の別のポイントの様子見。以前は芦の葉っぱが引っかかって全く釣りにならない状況でしたが、ボンボンを投げてみた限りゴミに引っかかることはほとんど無し。濁りをはじめ雰囲気はよさそうなので、夕方に17時30分前から再トライ。


何時もどおり明るい内は反応が全く無い・・・。少し薄暗くなってきたかなぁというところで、アタリが。竿先が重くなったのでなんぞや聞いてみると、2回ほど首振りがあって終了~。多分これはセイゴでしょうね・・・(´・ω・`)

その後、衣浦の花火が始まったくらいにアタリがあり、一度聞いてみると魚が勝手に走り出してラインが出て行く!

こうなると、オートフッキングが決まってるわけで、あとはゴリ巻きして寄せるだけで水揚げ。正体は36cm位のクロダイちゃん。2週間ぶり。

その後、二匹目をゲットすべく再開するも、石などの障害物に当たってるだけなのか、クロダイのバイトなのか判断に苦慮するのが1、2回・・・。反応が乏しくつまらないため、仕掛けをキャスト後携帯を左腕に乗せて、右手でスライドさせながらWebを物色していると、不意にクロダイ系の反応が・・・。

当然対応出来るはずもなく、手に持ってる携帯を離して(ネックストラップにしてるので、水没することはないですが)アワセを入れることには口から離してました・・・。

その後も、1度これまたアタリなのか何なのか判断に苦慮する感触があっただけで、21時30分すぎに終了、撤収となりました。

花火は・・・衣浦側を背に向けていたので、ほとんど見えませんでした・・・(ノД`)。ただ、南知多の方(?)と吉良の方(?)でも花火が上がってて、南知多の方は見えましたよ。

デカイのは一発数十万とかですよね・・・勿体ないなぁ。企業(ここで言うのは地元中小)もこう言ったのにお金を出してイメージアップを図るよりも、社員にその分ばらまいた方が良いような気がしないでもないような!?

場所 河口域
日付 2011年07月23日(土)
時間 17:20~21:30
天気
風向 南東
波高 僅か
潮汐 小潮
釣果 クロダイ(36cm程度)×1
タックル Lancement LANS-710黒鯛
Sephia 2500SDH
費用 --
ロスト チヌマウス 13g×1
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで