たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

毎度の幡豆にて 23cm、23.5cm、25cm、26cm ^^b

  • 20081220-1.jpg
  • 20081220-2.jpg
  • 20081220-3.jpg

久しぶりに根魚で満足いく釣行になりました。

自宅を15時45分頃に出発し、いつもの幡豆方面へ。今回もセコ釣りのつもりだったので、現地に着くなりグラスミノーSで探りを入れてみるも、潮位が低く釣りにならなそうな感じ。

16時30分になったためワームをインチホグに交換し前回セコ釣りしたポイントに移動するも、こちらも潮位が低すぎて、前回と同じ戦略での釣りは不可能な状況。仕方がないので、消波ブロック際から50cm位のところを集中的に攻めてみるも、マズメ時間帯なのに反応なし。

際でダメならキャストしかないか・・・ということで、ダメ元でグラスミノーMに3.5gのバレットシンカーに交換してキャストを開始しました。

17時を過ぎても全く魚の反応なく、このまま終了かと諦めかけていると、17時20分過ぎに待望の魚の反応。微妙に重めな重量感はあるものの、ほとんど暴れることなく無事ごぼう抜きで、まず23cmのタケノコ君をゲット。

激写後リリースし再びキャストで次の獲物を狙ってると、数分後にまた魚の反応。で、こちらも特に暴れることなく手元に寄せて、23.5cmのクロソイ君をゲット。

クロソイ特有(!?)のクソばらまきに悩まされつつも、激写後リリースし、ちょっと場所を移動してキャストを再開。で、44分にコツっという反応があり、とりあえず聞きをいれてみて魚であることを確認。リールを巻いて寄せてる時の感じでは、先の2匹よりも明らかに重いので何ぞと期待し、労せずに足元まで寄せてごぼう抜きで25cmのタケノコ君ゲット。

やっとルアーでタケノコメバルの25cmの壁を突破です。とりあえず、記念にバス持ちして激写し次を狙うことに。

タケノコからしばらく反応がなかったものの、18時11分に魚の反応。こちらも初めはコツっというちっちゃなあたりがあり、聞きを入れてみると魚ちゃん。で、ゴリ巻きしていると、さっきのよりも若干重いうえに微妙に暴れやがる・・・。

良型を期待しつつ、テトラ等でラインブレイクしないよう注意しながら寄せ、おりゃっとごぼう抜きで無事ゲット。26cmのクロソイでした。

これなら更なるサイズアップも可能か!?と期待し、ワームをパラマックス3インチに変えてみるも結局反応はなく、結果的に満足のいくの釣果だったので、18時45分ごろに終了・撤収しました。


25cm超を含むよさげなサイズが連発して釣れてラッキーでした。以前もメモりましたが、特段捨石などのストラクチャもないような更地っぽいところで20cm↑が釣れる理由がよくわからないのですが、結果オーライということで。

それにしても、日中気温が高くて、風もなく海も穏やかな感じだと釣れるっぽいですね。

場所 幡豆
日付 2008年12月20日(土)
時間 16:20~18:45
天気
風向 北西微風
波高 静穏
潮汐 小潮
釣果 タケノコメバル(25cm、23cm)
クロソイ(26cm、23.5cm)
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Sephia 2500SDH
with FireLine Crystal 6lb
費用 往復交通費 600円
ロスト 久しぶりのロストなし
撮影
コメント
さたーん >
ナイスなサイズ釣ってますね
ようやく本調子ってところでしょうか?
こんなに釣れるのなら昨日は幡豆に行けばよかったかな、、、(笑)
ちなみに場所は○島の堤防ですか?
くっちー >
やっと釣れましたよ^^。
ここまで長かったです。

場所については、さたーんさんのブログのオーナーへメールのところから詳細はお送りしますね。

今日(21日)も行きたいところですが、夕方前から雨みたいなので、無理かもです・・・
さたーん >
メールどうもでした
今のところ天気持ちそうなので出撃します
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで