たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

幡豆へリベンジ、ジアイは数分のみ・・・

  • 20081214-1.jpg
  • 20081214-2.jpg

昨日よりも少し早めに自宅をでて、毎度の幡豆方面へ釣行してきました。

今回は言わずもがなセコ釣りです。ボウズは嫌です(笑

まずは、定番でセコ釣りとして実績のあるヘチ際の穴狙い作戦を実行するも・・・反応なし。しかも北西の風が思いのほか吹き込んできて寒くてやってられません。

ヘチ際で魚が出そうにないため、消波ブロック際を3.5gバレットシンカーで穴釣りしてみるも・・・やっぱり魚の反応なし。

16時30分前には作戦を変更し、消波ブロック際をキャストして探る釣りに変更。まぁ、これもセコいっちゃセコいんですが、なりふり構ってられません。

1.8gバレットシンカーにインチホグという究極にセコい選択でキャストすること数投で待望の魚の反応。めちゃ軽いので極小だろうと思いつつ手元に寄せると、案の定10cm未満のまめタケノコ君。

とりあえず、ボウズは免れたものの、引き続きインチホグをキャストしセコ釣りをしてました。

で、だいぶ薄暗くなりいい感じになってきた17時前後にそれなりな魚の反応!水揚げ前に潜られたけど、なんとか無事ゲットで手尺20cm程のタケノコ君。

とりあえず激写後リリースし、キャストすること2,3投目でまた来たー。さきのものより若干重めなのでそれなりな感じを期待し水揚げしたところ22cmのタケノコ君(メジャー計測)。

ジアイ突入~というわけで、激写後海にお帰りいただいてキャストを再開するも・・・あれ、あたんねぇ。

というわけで、これ以降まったくもって魚の反応は無くなり、根掛かって仕掛けもロストしたので17時40分ごろに撤収しました。

それにしても、ジアイ短かすぎです・・・。デジカメで撮った写真のタイムスタンプから、17時前後の5分ほどでジアイ終了しています。

とりあえず、セコ釣りのおかげで釣れたので結果オーライですが、なんだかねぇ。(釣り場に行くまでの所要時間的には大して変わらないものの)近場の14号地あたりで安定して釣れてくれるとよいのですが。

場所 幡豆
日付 2008年12月14日(日)
時間 15:50~17:40
天気
風向 北西
波高 軽く波立つ
潮汐 大潮
釣果 タケノコメバル×2(22、20cm)
まめタケノコメバル×1
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Sephia 2500SDH
with FireLine Crystal 6lb
費用 往復交通費 600円
ロスト タングステンシンカー×4
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで