たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

濁りが入ってそうなので期待して前打ち釣行 #11

  • 20080831-1.jpg

先日の大雨、自宅周辺ではほとんど被害はなかったわけですが、場所によっては相当な被害が出たようで・・・。

その29日は飛島で現地作業の出張。時間どおりにお客さんのところに到着せにゃならんわけですが、JR在来線・名鉄ともに朝から運休で、新幹線(しかもグリーン席、当然自腹・・・。初めてグリーン席乗りましたが、こりゃ快適ですねぇ^^)で名古屋駅へ。

引き続き、あおなみ線で金城埠頭へ向かう予定が、路線陥没とやらで乗車する2つ前の便から運休・・・。タクシーチケットは貰ってたので、上司の了解を得て名駅から飛島まで行ってきたわけですが・・・(想定外の出費で仕事の件名)完全に赤字ですよ・・・。

まぁ、愚痴(!?)はこれくらいにして、土曜日は日中雨で釣行を中止したため、翌日曜日は16時頃に自宅を出て14号地へ行ってきました。

現地は予想してたとおり、一面に土濁りが入っており、また南からの風で微妙に波気もあり、テキストに書いてありそうな感じのよさげな状況。

自分が検証したわけではなく、スキルもちっぽそうな初老な方から以前聞いた話で、台風後など濁りが入ってるようなときは、魚が穴の中に隠れているらしく、狙いも明確なわけです。
(とはいえ、いつも穴狙いしかしてない自分にとってはいつもとおなじ釣りなわけですが^^)

で、早速開始するも・・・思ってたような反応なし。開始後数メートルのところで、何か生命反応があったけども、どうもカニっぽい。

結局1時間は何の反応もなく、惰性で探り歩いていると突然竿先を持ってかれるようなあたりがあり、合わせようとしたら素針・・・。あまりに明確に竿先をひったくられたので根魚類かもしれません。

この魚をばらした後に、15メートルくらい離れたところで前打ちをやってた人が魚を引っかけてゲットしてるのを確認。

うらやましいなぁとおもいつつ、探り続けてると自分にもヒット。今回は明らかにチンタ君の反応で、ちょっと強引にやり取りをしつつ無事タモ入れしてゲット。

サイズ的には30cmくらいのチンタ(黒鯛サイズ?)で、引き続き二匹目を狙いましたが、エサ切れで終了、撤収しました。

ちなみに今回はお持ち帰りせずにリリースです。今日昼からじいさんの一周忌だったということもありますが(エサのカニはええんかいという突っ込みは無しで)、根本には持ち帰っても食べる人いないんだよなぁ・・・。

場所 衣浦14号地
日付 2008年08月31日(日)
時間 16:45~18:30
天気
風向
波高 若干波立つ
潮汐 大潮
釣果 クロダイ(30cm前後)×1
タックル 鱗夕彩 落し込み SPECIAL HF36-42Z
シーマチック68 パワーバージョン
鱗夕彩 小継玉ノ柄 500
費用 往復交通費 600円
砂カニ 500円
ロスト --
撮影
コメント
エマ~ >
いつ見てもクロダイの体型ってカッコいいですよね。
今年は私も結構釣果があり、嬉しい年回りになりました。
8月半ばまでは、前打ちに行けば 高確率で釣れていたので、結構楽しめました。

今はバスに集中していますが、そろそろ寝魚&シーバスにも行き出すつもりでいます。
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで