たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

ねんがんの クロダイをひっかけたぞ! #8

  • 20080810-1.jpg

釣行回数の#は適当です。
(今までメモってないのも多々あるので、仮に今季前打ち8釣行目と採番し直しました)

この週末、土曜日は夕方から岡崎の熱帯魚屋にいったので釣行中止、日曜日も日中クソ暑く、またタイドグラフを見てもまったく変化がない感じだったのでどうしようか悩みましたが、例のネトゲもすることがなくなってきたため、16時30分すぎに自宅をでてI釣具店経由で14号地へ釣行。

14号地へは17時ごろに到着。南からのそれなりな風が吹いて、テトラ際は濁りとともに波立っており、よさげな状況。

この状況なら比較的簡単に釣れるかもと期待しつつ、いつもと同様3Bのガン玉を針おもりにしてテトラ際を探ってました。

が、思ってるようにはいかず、まずは定番のカニに砂カニを切り刻まれること数回。ただ、その後一度魚に齧られたような跡がついた状態で砂カニが戻ってきたため、何らかの魚はいるのかも・・・。

引き続き探り歩いてると、18時前に念願の魚の反応。ヒット後にラインテンションを保ってると、魚側が沖に出て行ったので(テトラ際でラインブレイクする可能性が低くなり)一安心しつつ、やり取りしてると、感覚的にちょっと大きめな感じ。

とはいいつつも、前使ってた前打ちロッドよりも短い上に頑丈なので、ちょっと強引に水面まで寄せると・・・大きいっす(自分的には)。

タモを投入し針外れせずに無事ゲット。パッと見で30cm超の黒鯛サイズであることは確認。このあと続けてもよかったものの、一匹釣って満足してしまったので撤収しました。

で、自宅で計測したところ尻尾の計測方法次第で誤差はあると思いますが、37cmであることを確認(尾叉長ではないです)。念願(!?)の黒鯛サイズでした。


で、11日の週は・・・仕事です。水曜日あたりに有給が取れれば、久しぶりにルアーハゼでもと考えてますが・・・どうなる事やら。
(去年ルアーハゼで使ったバークレイのミニアースワームが乾燥して干からびてるので新しいのを買わないといけない~)

場所 衣浦14号地
日付 2008年08月10日(日)
時間 17:05~18:00
天気
風向 南風
波高 軽く波立つ
潮汐 長潮
釣果 黒鯛(37cm)×1
タックル 鱗夕彩 落し込み SPECIAL HF36-42Z
シーマチック68 パワーバージョン
鱗夕彩 小継玉ノ柄 500
費用 往復交通費 600円
砂カニ 500円
ロスト --
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで