たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

14号地に釣行するも、プチ感電で撤収~ #3

今日も14号地に行ってきました。狙いはもちろんチンタ君です。

前日のあまりの砂カニでは残数が心もとなかったので、再度採取後に14号地へ向かいました。

現地は南東の風が吹いてて、結構濁りが入ってる状況。土濁りではないものの、波立ってるので悪くないです。

・・・が、小一時間ほどやっても何の魚の反応もなかったです。

で、ちょうど一時間ほど探ったところで、50mくらい場所移動しようと動き始めたら、バチッという音とともに、手の内側に微妙な痛みが・・・。リールシートの金属部分で静電気による現象かと思われますが、まぁ大丈夫だろと移動を再開するとまたバチッという音とともに痛みが・・・。

二連発となると、ぶっちゃけ釣りどころではないのでいったんテトラから堤防上に退避し、恐る恐るリールシートを触るとやっぱりバチッ・・・。

天気も悪く、予報では雷が云々といってたこともあり、命の危険を感じ撤収~。消化不良の釣行となってしまいました。

ただ、帰り際にスキル持ちと思しき前打ち師な方とちょっと話をして、なるほどというか、14号地でためになりそうなネタを教えてもらったので、良しとしますが。
(どうやら、5月末くらいから釣れ始めたみたいです。で、最近は25cm以下のチンタが多く入ってきてて、もう少しすると大きいのも顔を出すよ~的なことを言っておられましたが!?)

で、案の定といいますか、帰途について碧南のユーストアあたりで稲光が・・・。感電しやすい体質なのか、このNewロッドが電気?を集めているのか、いったい何なんでしょうねぇ。
(化学繊維の短パンを着てたのも原因の一つかもしれませんが、天気の不安定な日は自重せいということなのかな)

場所 衣浦14号地
日付 2008年07月06日(日)
時間 16:00~17:00
天気
風向 南東
波高 少し波あり
潮汐 中潮
釣果 --
タックル 鱗夕彩 落し込み SPECIAL HF36-42Z
シーマチック68 パワーバージョン
鱗夕彩 小継玉ノ柄 500
費用 往復交通費 600円
ロスト --
撮影 --
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで