たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

夕方から前打ち釣行も、強風のため一色方面へ逃亡

  • 20080504-1.jpg
  • 20080504-2.jpg

17時20分前後に自宅をでて、前打ち釣行。まずは、碧南のI釣具店で砂カニを500円分購入し14号地へ。

14号地は微妙に強い南からの風で、南側テトラ帯はざぶざぶ状態。しかも、大潮の満潮前後で潮位がクソ高く、前打ちをやるには厳しいと判断し、風裏となる一色のポイント甲へ移動。

ポイント甲に到着すると、時間はすでに18時を過ぎており、急いで準備を開始。オーナー針の前打ちチヌ(3号)に3Bのガン玉を針おもりにし、道糸とハリス(シーガーエースの1.2号)はトリプルエイトノットで直結。

先客がいたので、邪魔にならないよう少し離れた場所で前打ちを開始したところ、一ヵ所目から魚の反応!

竿先の細い軟弱なロッドなので、根魚ロッドとは異なる反応で面白いわけですが、とりあえず12,3cm程度のちびクロソイをゲット。

連発するかと思いつつ、他のテトラ際に砂カニを落として探ってみるも、どういうわけか反応がないです・・・。

19時前に先客が撤収されたため、場所を移動してしばらく探っていると、先ほどよりもよさげな反応があり、やり取りを楽しみつつ、ごぼう抜きで17cm程度のちびクロソイをゲット。

引き続きとテンションが上がったわけですが、正直暗闇の中で前打ちをやるのはやはり無理でした・・・。どこに砂カニを落としているのか、底をとれているのかよくわからないまま適当にやってても、当然のごとく魚の反応はないため、19時15分に終了、撤収しました。
(正直、この時間に釣りをするなら、ルアーロッドのほうが勝手がわかっている分有利かと)

連休はあと2日ですが、どこかに釣りに行くとは思いますが・・・、どうしたものか。

場所 一色
日付 2008年05月04日(日)
時間 18:10~19:10
天気
風向
波高 港内静穏
潮汐 大潮
釣果 ちびクロソイ×2
タックル 極 前打ち F-53UM
シーマチック68 パワーバージョン
費用 往復交通費 600円
砂カニ 500円
ロスト --
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで