たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

幡豆・鳥羽経由一色行き釣行も・・・微妙

  • 20080329-1.jpg
  • 20080329-2.jpg
  • 20080329-3.jpg
  • 20080329-4.jpg

午後から風が強く正直釣りどころじゃない気がしつつも、15時30分頃に自宅を出て幡豆方面へ釣行。

■幡豆方面
いつもの幡豆のポイントに到着するも、案の定潮位が低くて釣りにならない状況なので、さっさと場所変え。

■三河鳥羽方面
多少は風が遮られるかなという推測で、鳥羽の港へ移動。こちらは潮位が低いながらも、風も思ってたよりも弱く一応釣りはできそうな状況だったので実釣開始。

幡豆で釣りをする時と同様ヘチの穴をメインに、今週調達した赤系のグラスミノーで探っていくとすぐに魚の反応が!ただ、メチャちいさい・・・。前回に引き続き、極小のまめムラソイをゲット。同様に堤防を探っていくも同じような極小まめムラソイばかり釣れます・・・。

どうにもヘチ際を探っていてはサイズアップは無理っぽいので、竿下の穴釣りもやってみると、最大15cm程度のタケノコも出てきましたがどれもとにかく小さい。

丁寧に穴を探っていけば、それなりの頻度で魚の反応があるものの、小さい上に喰いが浅いのか針掛りしなかったり、途中でバレたりでいまいちです。

薄暗くなってからは、敷石の際をキャストで探って15cm程度のタケノコ君を5匹ゲットするも、風向きが北からに変わって直接受ける形となり激寒・・・。どうにもやっとれんので撤収、一色方面に移動しました。

釣り荒れてるのか原因は不明ですが、まともな型は一切顔をださず、15cmまでのムラソイ、タケノコを合計15匹前後(ムラソイ×7、タケノコ×8)をゲットで終了しました。また、海草が微妙に繁茂しており、穴を攻めたくてもも海草が邪魔をして穴の奥にルアーを送り込めないというケースが多々ありました。


■一色方面
一色の風裏ポイントに逃亡しようとしたものの、さたーんさん他先客がたくさんいたので、一色漁港の東側敷石帯へ移動。(このポイントは風をモロに受けてクソ寒いのですが・・・)

波風でまともに探れないので、グラスミノーMを適当に放り込んでゆっくり巻いてると魚の反応。ただ引きは激弱で、顔をだしたのは15cm程度のちびタケノコ君・・・。この後は根掛りで仕掛けをロストしたので、一色漁港の西側に移動。

西側では浮き桟橋、敷石帯を探ってみるも、まったく魚の反応も無いし、根掛りで大量ロスト、かつ激寒で萎えたのでさっさと終了、撤収しました。


総括
消化不良な釣行でした・・・。鳥羽の港なら20cm超も結構つれるかと思ってたのですが、何故に15cm以下ばかりなのだろうか・・・。
明日夕方から雨らしく、うーん困ったものです。

場所 三河鳥羽
日付 2008年03月29日(土)
時間 16:30~18:45
天気
風向 微風→北西
波高 波あり
潮汐 小潮
釣果 ちびタケノコメバル×7
まめタケノコメバル×1
ちびムラソイ×2
まめムラソイ×5
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Sephia 2500SDH
with FireLine Crystal 6lb
費用 往復交通費 800円
ロスト タングステンのシンカー×2
撮影
場所 一色
日付 2008年03月29日(土)
時間 19:15~20:00
天気
風向 北西
波高 波あり
潮汐 小潮
釣果 ちびタケノコメバル×1
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Sephia 2500SDH
with FireLine Crystal 6lb
費用 --
ロスト タングステンのシンカー×2
ジグヘッド×2
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで