たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

長い沈黙の後に入れ食いプチ爆モード!

  • 20080309-1.jpg

日中は春を思わせるようなポカポカ陽気。午後になると南よりの風が出てきたこともあり、予定通り風裏にもなる衣崎漁港へ釣行してきました。

久しく一色方面に釣行しておらずパターンが全く読めないため、少し早めの16時着で衣崎漁港へ。

現地は先行者が1名ほど。邪魔にならないように自分は敷石側をメインに穴釣り、キャストといろいろやってみましたが・・・何の反応もなく、結局18時までの約2時間は完全に沈黙状態・・・。

で、だいぶ薄暗くなってきた18時10分頃からどういうわけか、今まで全く反応がなかったのが嘘のように魚の反応が出だし、まずはタケノコをゲット。型は15cm前後が主体で、クロソイも混じっての最大18cm程度とちっちゃいことは否めませんが、テトラの際を泳がせたり、フォールしたりするだけで難なく釣れます。

先行者が19時すぎに撤収されたので、邪魔にならないよう遠慮して攻めてなかったポイントにむけキャストし探ったところ、早速20cmのタケノコ君をゲット。引き続き面白いようにボコスカと15cm前後のクロソイが、まさに入れ食い状態で釣れます。(暗くなってからほとんどクロソイでした。)

19時45分をすぎても魚の活性が落ち着く様子も無く、続ければまだまだ釣れそうな感じでしたが、根掛かって仕掛けをロストしたり、グローブが(魚のいじりすぎで)ニュルニュルなうえに匂いが・・・だったため、19時45分頃に終了、撤収しました。
(単純に疲れたというのもあります。ちなみにタケノコの写真しかないのもグローブがカオスな状態だったためです。クロソイはフンが酷い・・・)

総括すると、ともかく久しぶりの爆釣でした。正確に数を数えていませんが、感覚的には20匹超(タケノコが8匹前後、クロソイが15匹超)は引っ掛けたかと思います。サイズはいまいち(とはいえ、ポイントから見れば妥当なサイズかと思います。サイズ狙いで釣りをやってないこともありますが。)でしたが、クロソイについては巣があるんじゃないかと思うくらい、ほぼ同じ場所にキャストするだけで反応がありアツかったです。

ちなみにヒットルアーは、グラスミノーSの湾岸スペシャルと、インチホグ。容易に入手できて個人的に信頼性の高い(モチベーションを維持できる)定番アイテムです。

一方で、敷石帯には全く魚が着いていないようです。夕マヅメの時間帯や日没後も何度も敷石帯をキャストしてみましたが、一切反応は無く根掛りばかりで空振りに終わりました。

ついでに、メモ。
風が弱いためか、ウナギの稚魚採りの関係者多数。今季は不漁で稚魚がなかなか採れず価格が高騰しているとかいないとか。釣り人からすれば邪魔といえば邪魔ですが、まぁむこうさんは生活がかかってる訳で、この辺は配慮が必要かと。

場所 衣崎漁港
日付 2008年03月09日(日)
時間 16:00~19:45
天気
風向 南→東
波高 港内静穏
潮汐 大潮
釣果 タケノコメバル(20cm)×1
ちびタケノコメバル×7前後
ちびクロソイ×15超
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Sephia 2500SDH
with FireLine Crystal 6lb
費用 往復交通費 600円
飲み物 120円
ロスト タングステンのシンカー×4
ジグヘッド×2
撮影
コメント
ピヨ >
衣崎漁港は攻めるアングラーが少ないので、スレてない事が一つの要因だと思います。
衣崎のクロソイの量は他の釣り場に比べて半端なく多いような気がします。
クロソイですが、タケノコと違い、夜行性であり、夜はテトラ中を動き回ってる可能性が高いので同じ場所でも釣れるのではないか?と思ってます。
全て教えてもらった情報です。
くっちー >
要因の件、確かにプレッシャーも一因でしょうね。
数釣りに限れば、時期的な要素や海の状況、運もアリということで。

衣崎のクロソイ率も同意です。14号地でも結構率は高いですが上を行ってる気がします。
今頻繁に釣れている15cm前後のクロソイもそのうち仔魚を産むわけで、来季以降どうなることやら。
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで