たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

根魚狙いの人は多いけど、魚がやっぱり居ないです・・・

  • 20071104-1.jpg
  • 20071104-2.jpg

今日も昼前から西浦・幡豆方面へ釣行。

松島、幡豆あたりでは根魚狙いの釣り人が急に増えてきました。11月から移行組でしょうか。(そーいえば、前は結構いたエギングな方は姿を消したのでシーズンが終わったのかな。)

それにしても、皆さん左巻きなのね。
右利きなのに左キャストの右巻き君な自分は、十中八九非主流派なわけで、なかなか肩身が狭い限りです・・・。
(いまさら矯正する気がないということで行き着いた結論だったりしますが・・・。まぁレッツマイノリティ~!ということで)


■西浦松島
12時到着なので、空いてるかと思ったら結構混んでる状況。基部港内側のベストポイントと思われる場所は、前回松島に釣行した時と同じ人が場所を確保しちゃってるので無理。

そのため、基部海側の捨石帯で数投してみるも、何の反応も無く、また潮も低く透けきってる状態なので釣れる気がしない。

仕方なく、松島を越えて暫くの、一応魚が居る事は把握している港内側捨石エリアにキャストで探ってみると、確かにあたりはあるものの、魚のサイズが小さいためかフックアップしない・・・。帰り際に基部海側でもう一度キャストするもやっぱり・・・。少し海が荒れるか濁りが入ってくれないとココは厳しそうな予感。

そーいえば、松島周辺で蜂が活発に飛び回っており、マジビビリです。アシナガバチか何かだと思うので、刺されても死ぬことはないと思いますが、警戒モード中なのか、人の周りをブンブン威嚇しながら飛び回ってます・・・。大分離れたところまで付いて来るので注意が必要かと思われます。


■幡豆
で、前日も探った幡豆のポイントです。
到着すると・・・ありゃ根魚狙いの先客が。前日までは同業者を見かけることが無かっただけに、驚きです。

とりあえず、いつもと同様穴釣りをやってみるも反応無し。すでに叩かれた後でダメなのだろうと判断し、キャストしてみるも(こちらも透けきってるのが原因か)ダメ。

となると、狙うは○△□だろということで、渋いながらもなんとかまめムラソイ、ちびムラソイ(微妙に腹部がピンク色だけども、抱卵か)、ちびタケノコをゲット。どういうわけか、更に人が増えてきてげんなりなので撤収モードに変更。帰り際の穴釣りでまめムラソイをゲットして本日の釣行は終了。

結果的に、なんとか4匹ほど引っ掛けることができたものの、サイズは最大15,6cmといったところ・・・。先々週の数釣りの記憶が懐かしい・・・。

それにしても、ここでもルアーでの根魚狙いの人が自分以外に延べ5人位はいたと思うので、少ないパイの取り合いになるのかなぁなどと思ったり。魚の数がどうにも少ないだけに厳しいなぁ。


■碧南で昼飯ついでに釣具屋へ
とりあえず、水中での抜群の視野性から、グラスミノーSの『湾岸スペシャル』『ホワイト(ソリッド)』を調達。ついでに、プラグを2つほど調達。
それにしても、常連さん以外にはなかなか鬼門な感じだなぁ・・・。ファイアーラインなど消耗品類はデフォルトで安いのでたまに物色に行く程度ですが。

場所 西浦~幡豆
日付 2007年11月04日(日)
時間 12:00~14:30
天気
風向 微風
波高 静穏
潮汐 長潮
釣果 ちびタケノコ×1
まめムラソイ×2
ちびムラソイ×1
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Sephia 2500SDH
with FireLine Crystal 6lb
費用 往復交通費 1000円
ココイチ 880円
ロスト タングステンのシンカー×3
撮影
コメント
エマ~ >
お疲れです。
ワタシも今日は、幡豆野池の後に、幡豆町の岩場に行ってみたんですが、5バイトでノーフィッシュでした。(たぶんフックアップしないほどの小型クンでしょう)
今年は例年と違い、おかしいですね。

来週も何処かの野池と根魚のダブル狙いでいってみます。
くっちー >
こんばんは。エマ~さんも根魚開始ですね。

西浦はいまいち、一色は当歳のみで衣浦は完全に沈黙な状態(!?)なので、引き続きこの幡豆のポイントに通ってます。
今週の大潮で入ってくれればなぁと期待していますが・・・。
イーフラット >
一色漁港の主要ポイントにはまだお留守のようです。苦戦してますよ(泣)

僕も右利き、右ハンです。
何回か左に変えようと思ったんですがダメなんですね~!
ぎこちなくて釣りに集中できません。
くっちー >
やっぱり一色漁港も厳しいですよね。居るべき所に居ないというか。
先週だったか、東側堤防の敷石帯を探ってみたものの完全に無反応でした。

おおっ、イーフラットさんも右ハンでしたか。
矯正は練習あるのみのようですが、慣れてる方法が一番自然なわけで。
根魚類はキャストの精度も要求されないのを言い訳に、左キャストの右巻き君を続けますよ!
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで