たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

ルアーハゼと根魚調査のため一色へ釣行

  • 20070825-1.jpg

相変らず毎日22時~23時まで仕事です・・・。一応この週末も休めそうですが・・・。

というわけで、精神的な疲労に加えて、外はクソ暑いということもあり、正直前打ちでチンタを狙う気力がおこらないので、多少は手軽にできると思われるルアーハゼに挑戦してきました。

場所は一色の生田港で、涼しくなってきた17時15分頃から実釣開始。
(この時間帯は、潮止まりから下げなタイミングなため、ハゼの活性は悪いのですが、真昼間から行く気力は起こりませんでした。)

タックルは根魚の時と同様 デクスター(DXTS-STX83)+セフィア 2500SDH を、ラインは巻いてあったファイアーラインクリスタル(0.8号)を使用しました。

針は、数年前に買って部屋に放置されてたハゼ針の7号及び6号を使用し、ラインとハリスはトリプルエイトノット(8の字くるくる?)で結束。ルアーは、バークレイ ガルプ ミニアースワーム を細かく切って使用しました。

で結果ですが、あたりは結構(むしろ思ってた以上)にありますが、針掛りしません。どうも喰いが浅いようです。

エサ釣りな方も数名いたため、ちょっと様子を見てみましたが、入れ食い状態ではなく、ポツポツと拾っていたような感じだったので、ハゼの活性が低いというのも原因でしょうが、やっぱりワームだとこちらからあわせてやらないとダメっぽい・・・。

結局、小1時間弱ほどやってあたりは無数、ゲットは2匹(汗)でルアーハゼを終了しました。

#正直、この結果は悔しいので近々にリベンジ予定。
#多分コツとしては、小さ目の針(ハゼ針の5号くらい?)に
#針と同じ長さくらいのワームをセットし、針先を出して
#向こう合わせでフックアップできるような仕掛けを作ることかと。


ルアーハゼを終えて、一色漁港へ根魚調査に行ってきました。

今回は敷石帯でタケノコ君の調査をやってみたわけですが、明らかにまだ早すぎでした。まったく何も反応がありません。

冷静に考えれば、このクソ暑い時期に(テトラ帯の穴釣りならともかくとして、)浅場の敷石帯にタケノコが着いてるとは思えん・・・。やっぱり9月中旬以降が開幕かなと。

場所 一色周辺
日付 2007年08月25日(土)
時間 17:15~18:45
天気
風向
波高 若干
潮汐 中潮
釣果 ハゼ×2(汗)
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Sephia 2500SDH
with FireLine Crystal 6lb
費用 往復交通費 500円
ロスト TG SINKER 18×3
撮影
コメント
ピヨ >
おはようございます。
ルアーハゼって何気に難しいですよね・・・
僕も矢作古川でやってはみましたが、撃沈しました。
もっと簡単に釣れるものだと思っていたのになあ
くっちー >
ルアーハゼ・・・確かに難度が高いですね。
上潮の時間(かつクソ暑い真昼間)ならもうちょっと活性は高いと思うので、今日再挑戦してきます。
くっちー >
ルアーハゼのリベンジに行ってきましたがまた惨敗です。
生田で4匹、衣崎で1匹・・・。
今日は13時から開始し、開始から暫くはそれなりに反応があったのですが、なぜか13時30分以降完全に沈黙。
一色周辺のハゼは不調なのか?
ピヨ >
お疲れ様です。
一色のハゼはどうなんでしょう?
釣具店にて話を伺うと、矢作古川河口などで結構釣れているらしいですけどね・・・
でも釣れないのはなぜ?
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで