たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

ファイヤーライン調達+14号地釣行

  • 20070303-1.jpg
  • 20070303-2.jpg

▼替スプール+ファイヤーラインクリスタルを入手
前日に天狗堂からセフィアの替スプール組が入荷した旨の連絡が入り、今日の午前中に受け取りに行ってきました。

ついでにファイヤーラインクリスタルも購入。PEラインのロッド側スペックが 0.4~0.8 号だけども、在庫がなかったので仕方なく1号のモノを購入。
#替スプール組が一切割引なしのパーツ価格どおりでした。
#2割くらい引かれるのかなぁと思ってただけに微妙~。
#スプール1個7000円って・・・。

▼夕方から14号地釣行
自宅に戻ってスプールにファイヤーラインを巻き、16時すぎから小3時間ほど14号地を探ってきました。

早速ファイヤーラインを投入!。
リールを巻くと、なにやらズリズリとガイドを削ってる(こすってる)ような音+感触がするのですが・・・。ついでに、フロロとかと異なってラインにコシ(?うまく表現できないのですが、シャッキリ感?)がなく、扱い方が良くわからん・・・。PE系のラインってこんなもんなの?

ファイヤーラインの扱いに苦労しながら穴狙いを始めて30分ほどでよさげな感触。ロッドを立てて聞きを入れつつ合わせてフックアップ。いい感じな重量感!で魚を確認すると、26cm程のアイナメでした。
同サイズのタケノコと比べると引きは弱いけど、首振りされると(カエシを潰しているので)フックが外れないかとさすがにビビります。

その後も穴狙いでまめサイズのタケノコを数匹ゲット。確かにラインが伸びないので感度は良いかも。

暫く続けたものの、やっぱり明るいうちは反応がないです。ワームををホッグ系に交換し、暗くなり始めた17時30分くらいからキャストに切替。

で、前回ほどではないものの18時30分くらいまでは反応多数(たぶんこの時間帯が地合でしょう)。サイズは人差し指~手のひら弱までで、20cmオーバーの重量級は出なかったもののそれなりに楽しめました。

18時30分以降は反応がすくなくなってきたため、大物狙いということで、ワームを2inのホッグ系に交換。しかし、これが裏目に。
ワームに対して使ってるフックが小さすぎ、感覚的に20cm弱くらいのタケノコも数匹ばらしました・・・。
2inのホッグ系には、やっぱり丸セイゴの14号以上が必須でした。

19時を過ぎて一色方面から怪しげな音楽が鳴ると、更に魚の反応がなくなったので撤収しました。

それにしても夜光虫がすごかったっぽい。キャスト時をはじめ、水面に衝撃をあたえるとほのかに発光して微妙に綺麗だったかも。

場所 衣浦14号地
日付 2007年03月03日(土)
時間 16:20~19:10
天気
風向 無風
波高 静穏
潮汐 大潮
釣果 まめタケノコメバル×10
ちびタケノコメバル×5
アイナメ(26cm前後)×1
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Sephia 2500SDH
with FireLine Crystal 8lb
費用 往復交通費 400円
飲み物 120円
ロスト
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで