たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

強風激寒な中、日没後にまめタケノコのプチ爆モード!

  • 20070218-1.jpg
  • 20070218-2.jpg
  • 20070218-3.jpg

自宅周りでも風が強く、14号地に行ってダメだったら一色中学校の風裏ポイントに行こうかと考えていましたが、14号地は思ってたほど荒れていなかったので粘ってみました。(ただし、北西の風が強く寒いことに変わりはないわけですが・・・。)

16時すぎからグラスミノーS(いつもの湾岸スペシャル)で開始したものの反応無し。まだまだ時間が早いことは十分理解しているわけですが、どこを探ってもダメなのでゴムをこれまた毎度のバークレイのホッグ系に変更。

で、一ヵ所目から反応(適当に仕掛けを投入しただけだったので、気づいたら釣れてた・・・てな感じ)。とりあえず巻いて魚を確認すると、20cm前後はありそうなまともなタケノコ君・・・と思ってたら空中でバレました・・・。不吉な予感が・・・。

バラした付近のポイントを粘着に探ってみましたがやっぱりダメ。仕方なく別の場所にて穴釣りを始めて、小指サイズのまめムラソイやタケノコをポツポツとゲット。

ほのかに明るさが残る17時45分頃ぐらいからキャストに切替え。足元のテトラと奥のテトラとの間をデッドスローでダダ巻きした一投目からまめサイズのタケノコをゲット。その後も同様のまめサイズ多数に加え19cmのタケノコをゲット。
こいつは奥のテトラの更に奥をキャストで探ってるときにがぶりついてきたヤツで、結構いい感じで暴れ、また重量感もあったので20cmは超えたと思ったのですが、計測したところ残念ながら1cmほど足りませんでした。

#それにしても、1投1アタリな時間がしばらく続きました。
#ただし、まめばかりでフックアップしないこと多数でしたが。

その後は根掛ってラインブレイクが発生。暗い中首かけライトを駆使してジグヘッドにグラスミノーをつけて再開したもののあっさりと根掛りでロスト。また風も強く耐えられなくなったので撤収しました。

場所 衣浦14号地
日付 2007年02月18日(日)
時間 16:00~18:30
天気
風向 北西強い
波高 波立つ程度
潮汐 大潮
釣果 まめムラソイ×1
まめタケノコメバル×8
ちびタケノコメバル×4
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Sephia 2500SDH
費用 往復交通費 400円
ロスト TG SINKER 18×1
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで