たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

午後代休で一色方面を平日釣行

  • 20061117-1.jpg

先週の日曜出勤分の半日代休(午後)を使って昼から一色方面に行ってきました。今回の目的も、デクスターを振る事です。

自宅を13時30分前に出発し、14時過ぎに衣崎に到着。すこし濁りが入っており、良さそうな感じ。ただ、北西の風が結構強く吹いており寒いです。

根ズレ対策のために、2号のリーダーを超簡易なトリプルエイトノットで結束し、フックにプリシャ(ピンク)をセットし敷石周りをキャスト。・・・しかし反応なし。

プリシャで反応が無いためホッグ系のゴムにチェンジしたところ、すぐにまめタケノコが噛み付いてきたものの、ゴムとタケノコの口のサイズが合わず、空中でオートリリース・・・。

キャストでダメなら穴狙いということで作戦を変更。手前の穴は8.3ft の長さでは辛いので、攻められる個所を順々に叩くも渋い状況。たまに反応があったかと思えば、まめタケノコが噛み付いてるだけで、空中でオートリリースの繰り返し。

結局衣崎では、まめサイズのオートリリース×5で終了し、一色漁港に場所変え。


一色漁港では先客(エサ釣りな方)が一名ほど。話を聞くとここ最近は反応薄いとのこと。

とりあえず衣崎漁港で使ってたプリシャをキャストして、ゆっくり巻いているとグイグイッと小さなあたり。軽く合わせただけでまめサイズのタケノコが手元に吹っ飛んできました・・・。

その後もしばらくはまめサイズのやり取りが続いたものの、少し遠めにキャストして着水を確認。底をとる最中にゴミを引っ掛けたような重みが!ゴミか魚か判断できなかったのですこしキレ気味に合わたうえでリールを巻いて手元に寄せたところ、正体は20cmくらいのタケノコ君でした。最後までほとんど暴れなかったので、ゴミだとおもってました・・・。

このタケノコを引っ掛けた後も、引き続きまめサイズの相手ばかり。そのうちに根掛って仕掛け(タングステンのテキサスシンカー+フック)をロストしたので、グラスミノーS+スプリットショットで壁面から垂直にキャストする方法に変更し、これまたまめタケノコ×5、ちびタケノコ×2をゲット。

その後は日も落ちて大分暗くなり、どこを探ってるのか分からなくなったため撤収しました。


一色漁港を総括すると、2投に1回程度はあたりがあるものの、まめタケノコがゴムに噛み付くことばかり。まれにまぁまぁのタケノコも出るもののとにかくまめサイズばかりでした。

※ちなみに、まめタケノコ、ちびタケノコ、タケノコの違いは大きさです。基本的には~10cm、10~20cm、20cm~がそれぞれに対応します。

場所 衣崎漁港
日付 2006年11月17日(金)
時間 14:15~16:15
天気
風向 北西
波高 少し
潮汐 中潮
釣果 --(まめサイズのオートリリースばかり)
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Biomaster 1000 DH
費用 往復交通費 500円
ロスト フック×1
タングステンのシンカー×1
撮影 --
場所 一色漁港
日付 2006年11月17日(金)
時間 16:30~17:30
天気
風向 北西
波高 少し
潮汐 中潮
釣果 まめタケノコメバル×12
ちびタケノコメバル×2
タケノコメバル×1
タックル Dexter Rock & Light Technica 8.3ft
Biomaster 1000 DH
費用 --
ロスト フック×2
タングステンのシンカー×1
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで