たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

目の前で25センチくらいのチンタをバラしました・・・

予報では昼から天気が不安定と言っていたけれども、毎度の如く突撃してきました。

毎度の砂カニの確保では、木箱では25匹位の確保が限界なうえ、カニがしょっちゅう脱走しているため、小さなバケツを持ち込んで40匹くらいを大量ゲット。

14号地に着いた頃(14時30分すぎ頃)は波も無く透けまくりで釣れる気配無し。2時間ほどすると、潮位の上昇と、西からの風で波立って良さそうな状況になってきました。

で、17時すぎ頃に待望&久しぶりの魚の反応!

左右に突っ走るので、チンタっぽいなぁと思いつつ竿を立てると、25センチくらいの銀色の魚影が!チンタゲットぉーと思いつつ、竿の操作をしているとチンタが水面付近で急にターン、それと同時に針外れ・・・。あ゛ー。

多分合わせが十分でなかったのが原因です。その後もなんとか1時間ほど粘ったものの、魚の生命反応なし。

とりあえず、悔しいので明日も突撃します。

場所 衣浦14号地
日付 2006年07月29日(土)
時間 14:30~18:30
天気
風向 北西
波高 静穏→普通
潮汐 中潮
釣果 チンタをばらしました・・・
タックル 極 前打ち F-53UM
シーマチック68 パワーバージョン
鱗夕彩 小継玉ノ柄 500
費用 往復交通費 400円
飲物 240円
ロスト --
撮影 --
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで