たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

雨が上がった後に突撃しましたが・・・

30日は終日仕事の予定で何とか釣りに行きたいということで、29日の雨が上がった後に強行突撃しました。現地に着くと北西の風が強く吹いており寒いです。

とりあえず、先週購入したミノーをキャストして探ってみましたが、全くレンジに届いておらず××。結論としては、干潮時もしくはゴロタ帯、浅いタイドプール、西浦松島の基部南側などの水深があまり無い敷石帯あたりでの使用が無難かと思われます。

ミノーがだめっだたため、ゴムに切替え穴釣りを試みたところ、奇妙なあたり。竿を立てて手元に寄せるとワームが綺麗にちぎれています。どうも犯人はカニっぽい。

ゴムを邪道なグラスミノーに交換し、キャストで底を探ってみたところ、一投目からアタリがあり合わせて引っかけます。感触としてはただ重いだけでしたが、近づくに従い暴れてくれました。バス持ちでゲットしサイズを確認すると、手のひらを超える22cm位のタケノコメバルでした。

その後は寒さに耐え切れず撤収しました。

場所 衣崎漁港
日付 2005年10月29日(土)
時間 16:00~17:00
天気
風向 北西
波高 --
潮汐 中潮
釣果 タケノコメバル×1
タックル Saltist RockFish 6.6ft
Biomaster 1000 DH
費用 往復交通費 500円
ロスト カン付き丸セイゴ×1
撮影 --
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで