たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

2年生チンタ(21cm)が顔をだしました

日中の気温が30℃を超え、日が高いうちは外に出たくなかったため、エサの調達も含めて16時過ぎから竿が出せるように調整して自宅を出発。まずは一色にて砂カニを調達します(矢作川河口でも砂カニが調達できるようですが、どこなんでしょう・・・)。

砂カニの穴をスコップでほじって難なく15匹前後ほどゲット。その場に、竿を出している人がいたため、何を釣っているか聞いてみたところハゼ狙いのようで、今シーズン初の試し釣りとのことでしたが、から揚げサイズ(7~8cm前後?)があがっているとのことでした。

カニの調達を終え、14号地に到着したのが16時すぎ、まだまだ潮が低い状況ですが、前回攻めたポイント周辺を探ってみました。今回も始め4、50分ほどは全くアタリ無しでしたが、17時を少し超えたところで竿先が重くなる感触。前回と酷似したあたりであったためチンタと察し、竿を持ち上げるとやっぱりチンタの感触。小さい割にかなり暴れましたが、玉網ですくってゲット。手のひらを少し超える2年生(21cm)だったため、リリースしました。

その後は全くあたり無しで、周りの人々もどんどん撤収されるので、18時過ぎに納竿しました。

※今回はデジカメを持って行ってないため画像はありません。(首にかけて前打ちをやってると邪魔になるんですよね、玉ノ柄+玉網も背負ってるし)

場所 衣浦14号地
日付 2005年06月25日(土)
時間 16:10~18:10
天気
風向 --
波高 --
潮汐 中潮
釣果 チンタ(21cm)×1
タックル 極 前打ち F-53UM(4.2→5.3m)
鱗夕彩 小継玉ノ柄 500
費用 往復交通費 500円
ロスト --
撮影 --
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで