たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

キャストは×でも穴釣りで自己新タケノコゲット

  • 20050410-1.jpg

昨日の爆釣で気をよくして本日も釣行です。昨日の天候とはうって変わり、曇天で西の風が吹いており体感的に寒いです。水温を計ってみると15℃と、昨日より1℃ほど低いです。水温は重要な要素とされているため、魚の活性が下がっていそうな予感がします。

早速、お気に入りポイントからキャストで試みましたが、全く反応無し。1℃水温が低いだけでこうも活性が下がるものなのかと思いつつも、何とかちびを一匹引っかけました。

周りを見回すと、穴釣りスタイルでロックフィッシュを狙っているグループを発見。自分も穴釣りに切り替え。底に落とし誘いをかけていると、すぐにあたり。 10数センチ程度のちびが上がってきました。どうやら穴の隠れているようで、その後もちびと戯れていたためラインがボロボロになり、フックの交換と共にワームをバークレイのパワーインチホグに切り替えました。

このエビ型をしたパワーインチホグですが、初使用のため釣れるのか不明でしたが、なかなか良い感じです。上の24.5cmタケノコメバルもこいつを使ってゲットしましたし、その他のちびもかなり引っかけました。最後のほうは、このワームの中央部分でちょんがけし、誘いをかけるだけでちびを連続4匹ゲットという状況。東北のほうでは、このバークレイのワームがマストアイテム云々という記事を見かけた記憶がありますが、ミニサイズを使えば、ここ三河湾西部でも問題なさそうです。

最後に、今回から主に使用するフックをカン付き丸セイゴ12号(ささめ針)に切り替えました。結び目近くにガン球を打ってオフセットフックのジグヘッド風に使ってます。合わせが若干難しくなりますが、根がかりもある程度抑えられますので、お勧めかもしれません。

場所 衣崎漁港
日付 2005年04月10日(日)
時間 16:00~18:00
天気
風向 --
波高 --
潮汐 大潮
釣果 タケノコメバル(24.5cm)×1
ちびタケノコメバル×10数匹
タックル Saltist RockFish 6.6ft
Biomaster 1000 DH
費用 往復交通費 500円
ロスト カン付き丸セイゴ×1
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで