たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

クサフグ地獄

前日に14号地に顔を出すと、強風・高波。釣りどころではないということで、一日延期しての釣行です。

伊藤釣具店で仕入れたモエビ(今日のは微妙に小さかった。大きいのを頼んどくべきだったか)を投入すると、とたんにエサがなくなっています。何なんだ!?と思いつつ、再びエビをつけ投入するもやっぱり瞬間になくなっています。モエビの尻掛けでは埒があかないと悟り、モエビの体の中に針を通して、容易にとられないようにした上で投入すると、微妙な反応。引っ掛けるようにあわせると犯人はクサフグでした...。その後も出るのはクサフグだけでダメダメです。

そんな中、スキル持ち(と思う)のおっさんと14号地の情報や今シーズンのチヌ釣況等を話し込んでしまい、日が落ちて周りが見えなくなり撤収。どうも今年の三河湾でのチヌは総じてよろしくなかったようです(この時期に上がるチンタも特に少ないとのこと)。話の中で蟹の前打ちはとりあえず目印を付けとくのがやりやすいとの助言をもらったので、また近々に試してみる価値はありそうです(モエビのロックフィッシュ狙いにも使える?)。

今日のタケノコメバル
18時前後に横の方が15cm前後のタケノコメバルを上げていました。まだシーズン的に早いので居付きと思われます。

場所 衣浦14号地
日付 2004年09月19日(日)
時間 17:00~--:--
天気 --
風向 --
波高 --
潮汐 --
釣果 --
タックル PROSQUARE 2way クロダイ UG(51→45)
EXPERT KURODAI DX
費用 往復交通費 500円
モエビ 500円
ロスト --
撮影 --
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで