たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

今年度初チンタ

  • 20040713-1.jpg

暑くなってくると、ロックフィッシュを探ってもなかなかめぐり合えないし、仮に釣ってもグッタリ気味なので、この夏はカニの前打ち(の基礎)でのクロダイ(チンタ)を練習することに決め、ちょくちょく14号地へ釣行しています

これまでに、2回ほど14号地にカニをもって出陣していたものの、1回目は全く反応なし、2回目は大潮で潮が高い上に、風が強く釣りどころではなくすぐに撤収。13日は有給をとっての昼からの釣行です。状況は、ピーカンのド晴天、海は比較的透け気味でしたが、波も穏やかだったので、カニの操作練習にはもってこいです。

開始から約1.5時間、まったく反応がありません。カニを落としても(いまいちよくわからないので、ロックフィッシュゲームのときによく使う『潮に流しつつ落とす』方法を実施)、底にしがみつくカニを持ち上げても何にも反応がありません。根本的に何か違うんだろうなぁと思うのですが、その違いが我流ではわかりません。

そんなこんなで、潮止まりの時間が近づいてきたところで、新しいカニに交換して探っていると、反応が突然無くなり(これが止まり当たり?)、ゆっくりロッドを持ち上げると魚が首を振っているのがわかります。これはチンタか!と思い、水面まであげた上で一気にごぼう抜き。今年の初物&はじめてのカニでの21センチのチンタ君でした。

結局のところ、自分なりの攻め方が良かったのか悪かったのが全くわからないのですが、しばらくはこの攻め方を研究してみようかと思います(書籍等を見てもいまいち言ってることがわからないし・・・)。

場所 衣浦14号地
日付 2004年07月13日(火)
時間 14:30~16:30
天気 --
風向 --
波高 --
潮汐 --
釣果 チンタ×1
タックル PROSQUARE 2way クロダイ UG(51→45)
EXPERT KURODAI DX
費用 往復交通費 500円
岩カニ 500円
ロスト --
撮影 --
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで